電子情報通信学会総合大会講演要旨
B-5-60
ピコ接続比率及び受信SINRを基準とした適応制御型CREの提案
○仲澤 翔(工学院大)・須山 聡・奥村幸彦(NTTドコモ)・大塚裕幸(工学院大)
次世代移動体通信では,システム容量を増加するHeterogeneous Network (HetNet) が注目されている.これまで筆者らは各UEの受信品質に応じてCell Range Expansion (CRE)のバイアス値Cell Selection Offset (CSO) を選択する適応制御型CREを提案してきた.
本稿では,この適応制御型CREにマクロeNB (eNBm) 及びマクロセル内のピコeNB (eNBp) へのUE接続比率からCSOを設定するアルゴリズムを加えた新しいセル選択手法を提案する.