電子情報通信学会総合大会講演要旨
B-5-54
QoEに基づく異種無線アクセス選択制御方式の性能評価
○妹尾浩明・田島喜晴・木村 大(富士通研)
我々は複数の無線アクセス技術を仮想化して1つの統合された仮想無線ネットワークを提供し、アプリケーション毎に異なるトラヒックの特徴を考慮してシステム全体が最適となるように複数の無線アクセスを選択・制御する無線ネットワーク仮想化システムを提案している。本稿では、無線ネットワーク仮想化システムの無線アクセス技術(RAT)選択機能において、QoE(Quality of Experience)評価式を用いたRAT選択方式を提案し、提案方式により要求QoEを満足しつつ、システム全体のネットワーク利用コストを削減できることを示した。