電子情報通信学会総合大会講演要旨
B-5-47
偏波MIMO伝送における符号化SFNの検討
○蔀 拓也・齋藤 進・朝倉慎悟・佐藤明彦・岡野正寛・土田健一(NHK)
水平(H)・垂直(V)偏波を同時に使用する偏波MIMO(Multiple-input Multiple-Output)と時空間符号化 (STC: Space Time Coding)を用いたSFN(Single Frequency Network)の符号化方法を検討し,SFNを構成する送信所(A局・B局)の信号について,信号の到来角度,偏波の回転角度をパラメータとして,受信特性をシミュレーションで評価した.受信アンテナの到来角度毎の受信電力比を用いた評価の結果, B局の送信信号のみを符号化する構成法は,信号の到来角度や偏波回転角度に対する所要C/Nの劣化が小さく,従来型SFNやA局・B局の信号を同様に符号化する構成法と比較して受信特性が改善できることを確認した.