電子情報通信学会総合大会講演要旨
B-5-18
5G低SHF帯超高密度分散アンテナシステムのスループット特性におけるアンテナ配置の影響
◎奥山達樹・須山 聡・奥村幸彦(NTTドコモ)
第5世代(5G)無線アクセスネットワークにおいて,多数の送信点を超高密度に分散配置する超高密度分散アンテナシステムが検討されている.超高密度分散アンテナシステムでは,多数のセルがオーバラップすることにより面的容量を増大できる.また,送信点と端末間の見通し(LOS)確率が高まることでエネルギー効率が向上する.しかしながら,それらの利点を享受するには,多数送信点の協調伝送技術を確立する必要がある.加えて,アンテナ配置(各送信点のアンテナ素子数,送信点の配置位置や間隔など)を最適化するシステム構成技術が必要である.そこで,本稿では,超高密度分散アンテナシステムにおけるアンテナ配置がシステム性能に与える影響について明らかにする.