電子情報通信学会総合大会講演要旨
B-4-8
基地局アンテナばく露評価へのSAR測定の適用
○井山隆弘・大西輝夫・垂澤芳明(NTTドコモ)・浜田リラ・渡辺聡一(NICT)
基地局アンテナに係る電波の強さを,局所SAR及び全身平均SARで定められる,いわゆる局所吸収指針と比較することは,多様化する様々な形状のアンテナの適合性評価において重要である.これまでに,ファントム外殻付近の2次元的なSAR分布のみを測定し,ファントム奥行き方向に指数関数に基づく減衰を仮定することを提案している.本稿では,本提案によるSAR評価法が,複数のアンテナ素子間の位相差を変化させた場合についても有効であることを示す.