電子情報通信学会総合大会講演要旨
B-3-12
シングルキャリア変調におけるスペクトラム圧縮による周波数利用向上効果
○杉山隆利(工学院大)・増野 淳・村山大輔・中平勝也(NTT)
モバイルサービスを中心に、無線システムの発展に伴い周波数帯域の枯渇が深刻化しているが、これを解決する一つのアプローチとして、変調スペクトルをナイキスト帯域より狭帯域化して伝送するスペクトラム圧縮技術が検討されている[1][2]。本稿では、シングルキャリア変調の送信スペクトラムを圧縮した場合の周波数利用効率の向上効果を定量評価した。