電子情報通信学会総合大会講演要旨
B-2-27
8 GHz帯域幅FMCW信号を用いた光ファイバ接続型96 GHz帯ミリ波レーダの距離分解能特性評価
○二ッ森俊一・森岡和行・河村暁子・岡田国雄・米本成人(電子航法研)
空港滑走路の利用効率改善のために,異物落下等の恐れがある際に必要な,人手による安全点検による滑走路閉鎖時間を低減するため,小異物を自動的に探知し確認を行うシステムが注目を集めている.著者らは,天候等の影響を受けにくく,小型かつ高分解能特性を実現できるミリ波レーダ技術およびRadio-over-fiber(RoF)技術を組み合わせた,光ファイバ接続型ミリ波レーダシステムの研究を行っている.本稿では,8 GHzの広帯域ミリ帯信号を用いた光ファイバ接続型96 GHz帯ミリ波レーダの距離分解能特性評価について議論を行う.