電子情報通信学会総合大会講演要旨
B-1-233
エリア限定通信システムにおける通信領域幅可変手法
◎竹本健二・藤元美俊・堀 俊和(福井大)
受信領域を狭い範囲に限定することはセキュリティ性に優れている側面を有する.しかし一般に多くのアンテナ素子が必要であり,移相器などのコストが増大する.その対策として,筆者らは和差の二種類のビームパターンを用い,エリア幅を限定する手法を提案したが,通信領域幅を可変することが出来ず,システムの柔軟性の観点から制約があった.本報告では通信領域幅を可変とするシステムを提案し,性能評価を行う.