電子情報通信学会総合大会講演要旨
B-1-193
MUSIC法を用いた他地点伝搬特性推定方式の3次元環境への拡張
◎阿部俊輔・田中 誠・岩井誠人・笹岡秀一(同志社大)
マルチパスフェージング環境において,相関距離以上離れた点での伝搬特性を推定する他地点伝搬特性推定方式が検討されている.この方式では,MUSIC (Multiple Signal Classification)法による到来角推定と最小二乗法による複素振幅推定を用いて到来波環境を分析し,基準点から推定対象点までの位相差を考慮して伝搬特性を推定する.これまでの評価では2次元環境を対象とし,良好な推定精度が得られることが示されている.本稿では,対象を実際に他地点伝搬特性が必要とされる技術を利用する環境である,3次元環境に拡張した推定方式を検討する.