電子情報通信学会総合大会講演要旨
B-1-165
2素子周期時変指向性アンテナにおけるリアクタンスとアンテナパターンに関する検討
◎川野晃誠・井戸口勇介・齋藤将人(琉球大)
本検討では,2素子周期時変指向性アンテナにおいてリアクタンスの変化に対する
APの変化が円形であることを明らかにし,高調波成分が生じないAPを生成可能で
あることを示す.