電子情報通信学会総合大会講演要旨
B-1-158
Full-Duplexシステムにおける空間減結合アンテナの実現
◎阿部真澄・高橋和弥(岩手大)・村田健太郎(防衛大)・本間尚樹・恒川佳隆(岩手大)
本報告では,Full-Duplex送受信アンテナ間で高いアイソレーションを実現可能なSDD (Space Division Duplex) アンテナ配置による干渉除去法について,実験的にその性能を明らかにすることを目的としている.直方体状に配置された4素子の送信アンテナと4素子の受信アンテナで構成されたアレーアンテナで実験評価を行った.中心周波数は2.47125GHzであり,アンテナ素子はFR-4基板上に作成したダイポールアンテナを用いた.実験結果から,干渉チャネルの第1固有値,第2〜4固有値の総和がそれぞれ -27.9dB,-39.3dBであることを確認し,第1固有モードに直交する送信ウェイトを適応することで,送受信間アイソレーションを39.3 dBに高められることが分かった.