電子情報通信学会総合大会講演要旨
B-1-157
大きさの異なる2枚の周期ループ板を装着した双方ビームアンテナの実験検討
○戸井田光雄・山内潤治・中野久松(法政大)
不均一周期ループ板 1 枚を用いて,双方チルトビームを実現してきた.さらに,不均一周期ループ板 2 枚を用い,双方チルトビームの利得増強及びビーム偏向角の増加を明らかにした.本稿では,大きさの異なる2枚の周期ループ板を装着した双方ビームアンテナにおける解析結果の妥当性を実験により確認する.