電子情報通信学会総合大会講演要旨
B-1-114
内部のエネルギーを考慮した薄い小型球殻共振アンテナの放射効率
◎藤田佳祐・白井 宏(中大)
良導体で構成されるアンテナにおける表皮効果を念頭に置いた,薄い小型共振球殻形アンテナの放射効率を導出した.球殻上に流れる電流の作る電磁界が球殻の内側及び外側に蓄積するエネルギーは,球面波展開を用いて解析でき,その展開係数によってアンテナの共振条件を表現できることが知られている.一方で,任意の展開係数に対応する薄い球殻アンテナの理論放射効率の理論式に最低次モードの共振条件を代入することにより,共振している場合の放射効率を導出した.導出の結果から,球殻の内側にあるエネルギーを考慮すると,しない場合に比べて放射効率が高くなることが明らかとなった.