電子情報通信学会総合大会講演要旨
B-1-111
0次共振アンテナの広帯域化に関する検討
○榎本康平・上田哲也(京都工繊大)・池田正和・杉本勇次(日本自動車部品総研)・倉岡宏明・小出士朗(デンソー)
水平方向に無指向性の放射特性を持つ低姿勢アンテナとして,マッシュルーム構造からなる0次共振アンテナが提案されている.しかしながら,このアンテナ構造は共振構造をとるため,動作帯域が極めて狭くなる問題がある.
本稿では,動作帯域の拡大を目的として,複数のマッシュルーム構造を点対称に配置し,さらにその外側に金属ループ構造を近接配置した0次共振アンテナ構造を提案する.従来のマッシュルーム構造による 0次共振アンテナの寸法を変えることなく,動作帯域が拡大することを確認したので,これを報告する.