電子情報通信学会総合大会講演要旨
B-1-99
周波数選択板の反射位相制御によるアンテナレドーム損失低減設計
◎千葉昌武・埜本悟郎・榊原久二男・フィルダウス 慧・菊間信良(名工大)
無線アンテナシステムにおいて,雨や塵からアンテナや周辺回路を守るために,レドームが用いられる.ところがレドームはアンテナの前面に置かれるため,その損失や,反射波の再受信による高周波回路の特性への影響が問題となっている.本研究では周波数選択板(Frequency Selective Surface:FSS) の反射位相の制御により,レドーム表面の反射波を打ち消すことで損失低減させることを試みた.準ミリ波帯でFSS付レドームを設計した結果を示す.