電子情報通信学会総合大会講演要旨
B-1-35
高速フェージング環境での伝送特性を評価する伝搬指標
◎江藤伊織・唐沢好男(電通大)
移動体通信において, 端末がマルチパス環境下を高速で移動するとランダムFM現象と言われる高速フェージングによって通信品質が劣化する.本稿ではドップラーシフトによる位相変動の誤りを簡易的に推定する伝搬指標:ドップラースプレッドを提示し,その有効性の検証結果を報告する.