電子情報通信学会総合大会講演要旨
B-1-30
20 GHz帯における屋外-屋内伝搬チャネル特性の一検討
○トラン ゴクハオ・今井哲朗・奥村幸彦(NTTドコモ)
近年では5Gの実現に向け,高SHF/EHF 帯(6GHz以上)を利用する検討等が行われている[1,2].ここで,高SHF/EHF 帯は都市部の屋外や屋内環境のスモールセルへの適用が想定されることから,セル設計やシステム設計には,屋外-屋内伝搬チャネル特性の明確化も重要な課題の一つである.そこで,本稿では, 20GHz帯における屋外-屋内伝搬チャネル特性を測定・評価し,その結果を示す.