電子情報通信学会総合大会講演要旨
B-1-17
900MHz帯ラジオダクト波の電波伝搬測定
表 英毅・宮下真行・豊見本和馬・山口 良(ソフトバンク)・○佐藤彰弘(NEC)
気象条件により、電波が大気中をほとんど減衰せずに遠方まで伝わるラジオダクト伝搬が知られている。現在、移動通信等で使用されている900MHz帯において、ラジオダクト伝搬による海外からの干渉妨害が発生しており対策が求められている。本稿では、九州地区において、ラジオダクト伝搬による干渉波を測定し、その水平および垂直到来角度特性を解析した。