電子情報通信学会総合大会講演要旨
B-1-8
航空機監視における伝搬モデル評価に向けた拡張スキッタの測定
◎長縄潤一・宮崎裕己・田嶋裕久(電子航法研)
新しい航空機監視システムである WAM(Wide Area Multilateration) や ADS-B (Automatic Dependent Surveillance - Broadcast) の世界的な導入が進んでいる.WAM/ADS-B の覆域設計過程においては,受信電力分布の見積もりが鍵となる. そこで,本稿では,覆域設計の観点から伝搬モデルを評価するために,航空機が定期的に送信する拡張スキッタの活用を議論する.