電子情報通信学会総合大会講演要旨
B-1-5
アクティブ伝搬制御用伝搬特性変化装置の評価
◎荒木 凌・蒲原健一郎・岩井誠人・笹岡秀一(同志社大)
筆者等は,無線通信環境内の物体を移動・回転・変形・変質させることで能動的に伝搬特性を変化させ,ユーザの通信環境を改善するアクティブ伝搬制御(APC:Active Propagation Control)という概念を提案している.先行研究では正方形金属板を回転させる伝搬特性変化方法を用いたAPCの伝搬特性改善性能を,室内環境を想定したFDTD (Finite Difference Time Domain)解析により評価した.本稿では,金属板の回転に加えて,安全面への考慮を踏まえて作成した縦ブラインド型の伝搬特性変化装置を対象とし,これらによる伝搬特性変化特性を室内実験により定量的に評価する.