電子情報通信学会総合大会講演要旨
B-1-4
実験住宅内における複数WPT同時動作時の漏えい電磁界の解析
○高木健治・穴田雅之・福田博之・渡辺浩亘・斎藤 裕(パナソニックシステムネットワークス開発研)
家庭用電子機器の給電などに用いられるワイヤレス電力伝送(WPT)から漏えいする電磁界は他の電子機器の動作に影響を及ぼす可能性がある.漏えい電磁界の基本特性の評価を行うため,筆者らはこれまで1つのWPTからの漏えい電磁界の解析を行ってきたが,今後のWPTの普及に伴い複数のWPTが同時動作した場合の評価が重要になると予測される.そこで,本稿では筆者らが開発したRay-Launching法による電波伝搬シミュレータを用いて,戸建て実験住宅内の複数のWPTシステムからの漏えい電磁界を実験住宅と隣家で解析し,実測結果との比較検証を行った結果を報告する.