電子情報通信学会総合大会講演要旨
AS-6-1
被災者の往来を想定したアドホックネットワークを用いた災害地域の巡回
◎新井宏典・田村 裕(中大)
アドホックネットワークは、セルラネットワークに代わるネットワークとして期待され、幅広く研究が行われている。アドホックネットワークは基地局に依存しない自律分散型のネットワークであり、災害が発生し、基地局が使用できない場合、アドホックネットワークが有効活用できると考えられる。そこで本稿では、災害時における安全確認などに必要となる巡回をアドホックネットワークを用いて効率的に行うことを模索する。