電子情報通信学会総合大会講演要旨
AS-5-1
照明方向が異なる複数の虹彩画像を用いた融合判定による個人認証
○高野博史・野田千尋・中村清実(富山県立大)
生体認証の認証精度を向上させる方法として,マルチバイオメトリクスがある。マルチバイオメトリクスは,認証精度を向上させるのみならず,身体情報の偽造防止という効果もある.本研究では,虹彩撮影時の近赤外照明の照射方向が異なる複数の虹彩画像を用いて,融合判定による個人認証法を提案した.異なる方向から照明を照射することで,虹彩領域から異なる生体特徴を取得することができ,マルチバイオメトリクスへの適応が可能となる.本発表では,提案法の有効性および認証精度について報告する.