電子情報通信学会総合大会講演要旨
AS-2-6
MATLAB®/Simulink®を活用した教育事例の紹介
○横島英俊(マスワークス)
MATLAB/Simulinkは、世界中の数百万人の科学者や技術者に使用されている、会話型の科学技術計算環境である. アルゴリズムの開発からシミュレーション、実装まで、信号処理を始め多くの研究分野で活用されると共に、幅広い機能を活かした教育への適用も進められている. 本講演では授業や実習における適用事例を、日本および世界の大学における活用実績や種々の教材事例、大規模公開オンライン講座(MOOC)の事例を挙げて説明する.また、MathWorks社が提供するアクティブラーニング環境や、プロジェクトベースラーニングで活用可能なRaspberry Piなどの低価格ハードウェア、iPhoneなどのスマートデバイスへの組込み実装機能など、教育や学習に貢献し得るソリューションを紹介する.