電子情報通信学会総合大会講演要旨
AS-2-5
北九州市立大学における信号処理教育事例
◎松岡 諒(北九州市大)
電子・情報・通信に基づく情報メディアの進歩は, 地域や経済の発展に大きく貢献しており, 今日の人々の豊かな暮らしを支えている. 信号処理は, 情報工学の様々な分野のシステムを実現するための基礎技術として確立してきた. 本稿では, 北九州市立大学国環境工学部情報メディア工学科における信号処理教育について, 筆者のこれまでのティーチング・アシスタント活動や所属研究室での取り組みを踏まえて紹介し, 今後の課題について述べる.