電子情報通信学会総合大会講演要旨
ADI-1-1
時間相関イメージングによる動画像の完全情報の獲得と応用
安藤 繁(東大)
オプティカルフロー偏微分方程式に荷重積分法を適用し時間相関イメージセンサの強度画像と相関画像を代入すると,速度場と積分境界値画像(フレーム前端と後端の明度差)が推定され,これらを係数と駆動項とする偏微分方程式を解くと高次のフーリエ係数が得られる。これらを用いて各画素においてフーリエ級数展開を行うと,運動する撮像対象が時間的に連続な高解像度画像として再生表示される。本報告では,上記の基礎理論を示し,実装結果と実画像による検証結果を報告する。