電子情報通信学会総合大会講演要旨
A-17-2
操作情報のパケットロスを外乱として取り入れたH∞制御に関する一検討
◎小倉貴志・小林健太郎・岡田 啓・片山正昭(名大)
無線フィードバック制御における課題として通信路誤り(パケットロス) による制御品質の劣化が挙げられる.この課題に対して、本研究ではいかなる制御設計がこの制御品質の劣化を抑え,高信頼なシステムを設計するのに有効であるのかに着目する.H∞制御では,外乱の抑制効果を持つ制御器の設計が可能である.そのため,パケットロスを外乱として取り入れた制御設計を行なうことで,パケットロスに対しても有効な制御器が設計できることが期待される.本稿ではこのパケットロスを外乱として取り入れたH∞制御設計を提案し,LQ 制御との比較を行なうことで有効性を示す.