電子情報通信学会総合大会講演要旨
A-10-15
改良型Memoryと解が与えるインパクトを用いたMAX-MIN Ant System
◎磯崎敬志・穴田 一(東京都市大)
本研究では新たなアントコロニー最適化技法(ACO)を提案する.ACOの一種であるMMASに解を記憶させておくMemoryを改良したものを適用し,解のインパクトによるフェロモン更新を行いうことで,解の精度と収束速度が向上した.