電子情報通信学会総合大会講演要旨
A-10-1
複数集団レプリケータダイナミクスにおいて任意の目標状態を安定化する補助金配分法
◎木下雅也・金澤尚史(阪大)
利己的に行動選択する多数のプレイヤーの集団においては,集団全体にとって望ましい状態が実現されない場合がある.この問題の解決法の一つとして、政府が各プレイヤーに対して補助金を課すことで,任意の目標状態をレプリケータダイナミクスの漸近安定な平衡点にする手法が提案されている.しかしながら,既存研究では単一集団ゲームを対象としていたため,複数集団ゲームにおいて任意の目標状態を安定化できるということは保証されていない.そこで本稿では,任意の目標状態を安定化する補助金の配分法を複数集団の場合に拡張する.