電子情報通信学会総合大会講演要旨
A-9-18
遠近問題のある非同期光無線CDMA通信方式におけるハードリミタ閾値の動的制御
◎山本雄亮・小林健太郎・岡田 啓・片山正昭(名大)
複数地点からの状態情報収集を光無線CDMA 通信方式により実現することを考える.この通信方式では,受信信号の強度差による通信品質のばらつき,すなわち遠近問題が問題となる.遠近問題の解決のためにハードリミタ(HL) を受信機に導入する手法がある.しかし,誤り率を最小とするHL 閾値は受信信号強度に依存するため,HL 閾値の設定手法を考える必要がある.そこで本稿では,動的にHL 閾値を設定する手法を提案する.シミュレーションにより通信品質の評価行い,送信機の位置に合わせてHL閾値を動的に制御できていることを確認する.