電子情報通信学会総合大会講演要旨
A-9-11
空間偏移変調における送信アンテナ選択法に関する一検討
◎藤木 優・佐藤正知(東京都市大)
近年,複数の送信アンテナを用いて情報を伝送する方法として,送信端末の複雑性を軽減できる空間変調や空間偏移変調が注目を集めている.本稿では,送信するアンテナのみを切り替えて情報を伝送するSSKに着目する.受信機から送信機へ制御情報のフィードバックがあるシステムを考えると,送信可能な全てのアンテナを用いて伝送するよりも伝搬路応答が類似している送信アンテナを除外することや,どの送信アンテナにどのビットラベルを割り当てるかを最適化することで伝送特性を改善できる.そこで,送信アンテナセットを選択した後にビットラベリングを最適化する階層型探索法を提案し,計算機シミュレーションにより性能を評価する.