電子情報通信学会総合大会講演要旨
A-7-17
計算量的秘密分散の階層化とそのアクセス構造の解析
○櫻井幸一(九大)・尾崎寛之(リアルテクノロジー)
計算量的に安全な秘密分散(Secret Sharing Made Short, SSMS)[Krawczyk, CRYPTO'98]の階層化が、尾崎-櫻井[SCIS2016]により提案されている。本稿では、どのような階層型アクセス構造が可能であるか、重み付き完全秘密分散の理論を適用した一般的実現手法を含めて検討する。