電子情報通信学会総合大会講演要旨
A-2-7
ガウス近似法を用いたSC-RA-IDMAの数値解析
◎坂口尭駿・柴田健伍・吉田雅一・程 俊(同志社大)
本研究は空間結合RA(SC-RA)符号をIDMAに適用したSC-RA-IDMAシステムの数値解析を行う.各ユーザは共通のSC-RA符号を用いて符号化を行い,送信信号系列にユーザ固有のインターリーブを行う.インターリーブを行った送信信号系列をガウス型多重接続通信路に送る.ガウス近似法を用いてSC-RA-IDMAの復号特性の数値解析を行う.その結果,SC-RA-IDMAはシャノン限界と約0.8 dBに迫る復号性能を示し,従来法のRAIDと比べた結果,約0.44 dBの利得を得た.また計算機シミュレーションでその解析結果を確認した.