電子情報通信学会総合大会講演要旨
A-2-6
非正則重ね合わせ行列を用いた空間結合非正則LDPC符号
◎柴田健伍・吉田雅一・程 俊(同志社大)
様々な通信路の通信路容量を達成する符号として,空間結合LDPC符号がある.空間結合LDPC符号は優れた復号特性を持つ一方で,任意の符号化率で符号を構成することが難しい.本稿では,帯状に成分1を配置したベース行列を非正則な重ね合わせ行列で置き換えて構成する非正則LDPC符号を提案する.提案法は重ね合わせ行列を非正則とすることでそのサイズを柔軟に変更することができ,有限な符号長で符号化率を柔軟に構成することができる.二元消失通信路での密度発展法により非正則行列の行,列重みの最適化とその評価を行い,各符号化率でシャノン限界に漸近する復号特性を確認した.