電子情報通信学会総合大会講演要旨
A-1-28
電力パケットの供給密度変調を用いたステッピングモータ駆動に関する実験的検討
◎持山志宇・高橋 亮・引原隆士(京大)
電力パケットは,パルス状の電力に電圧信号の情報タグが付与された, 電力伝送の単位である.タグ情報として電力の宛先などを含むことで, 電源負荷間でパルス電力のルーティングが可能である. 近年, この電力パケットをロボット等内部の配電に適用することが検討されている. そこで本報告では,ステッピングモータの回転角制御が電力パケット給電を用いて達成可能であることを, 実験により検証した.動的量子化器を応用し,供給するパルス電力の密度変調を行うことにより,モータの要求を満たす給電を達成した.この結果は, ロボット等におけるアクチュエータへの給電に, 電力パケットが適用できる可能性を示している.