電子情報通信学会総合大会講演要旨
A-1-16
ΔΣDACの高精度化
◎川部嵩永・渡邉裕紀・春海 豪・峯村亮佑・西勝 聡・吉野理貴・安田 彰(法政大)
従来のFIR型DSMの構成では,帯域内のノイズを帯域外にシフトすることで,帯域内雑音を低減出来る利点がある.しかし,帯域外のノイズが増加するため後段の内部DACにおいてクロックジッタの影響を受けた際に,より帯域内のノイズフロアの上昇が起こる.そこで,クロックジッタによる影響への対策として内部DACに ジッタシェーパー(JS)を用いることが有用であると考えられる.本論文ではFIR型DSMとJSの両技術を用いて, ΔΣ DACの高精度化を提案する.