エレクトロニクスソサイエティ

特別企画

特別記念講演

日本国際賞受賞

ノーベル物理学賞受賞

大会委員会企画

TK-1.関西発ベンチャーの現状と課題 - ベンチャーと大企業のコラボレーション -

TK-2.I-Scoverチャレンジ2014 〜応募作品講演会〜

TK-3.国際標準化とビジネス戦略

TK-4.イノベーション創出実現に向けた情報通信技術の研究開発

TK-5.教育改革と人材育成

ソサイエティ特別企画

CK-1.エレクトロニクスソサイエティ プレナリーセッション

CK-2.Thailand-Japan MicroWave(TJMW)2014優秀発表賞特別セッション

チュートリアルセッション

CT-1.発見から50年!超伝導量子干渉素子(SQUID)の現状と将来

ABCT-1.回路設計者のための電池活用技術

依頼シンポジウム

CI-1.次世代の光技術を実現するナノフォトニクスの最新動向とその応用展開

CI-2.光エレクトロニクス研究会(OPE)学生表彰式

CI-3.ニーズとシーズを踏まえた将来光デバイス技術の展望

CI-4.低消費電力スティープスロープFET技術の現状と展望

BCI-1.データコムの革新を実現する光デバイス・システム技術 〜データコムとテレコム、ここが違う!〜

BCI-2.光ファイバの「つなぐ」技術

BCI-3.無線電力伝送のための回路デバイス技術

 
シンポジウムセッション

この目次は、インターネット講演申込登録のデータを元に作成されています。
また、講演者を○、◎印で示し、 ◎印は本会「学術奨励賞受賞候補者」の資格対象であることを示します。

CS-1. 電磁波散乱に対する解析的および数値的方法
(電磁界理論研専)

3月11日 9:00〜11:45 プリズムハウス 1F P108 座長 白井 宏(中大)

CS-1-1 回折格子理論における相反性と対称性
  ○中山純一・田村安彦(京都工繊大)
CS-1-2 多層誘電体周期構造による散乱界の数値計算法と誤差評価
  若林秀昭(岡山県立大)・松本恵治(阪産大)・浅居正充(近畿大)・○山北次郎(岡山県立大)
CS-1-3 イメージグリーン関数の方法による完全導体周期表面からのTE平面波の散乱回折解析-- 表面粗さが極めて大きい場合 --
  ○田村安彦・中山純一(京都工繊大)

休 憩(10:30 再開)  座長 佐藤亮一(新潟大)

CS-1-4 コーティングされた導体円柱による過渡散乱界の解析的および数値的検討
  ○後藤啓次・タウィーデッチ サンティクン・浅井 亮・澄川尚功(防衛大)
CS-1-5 開口つき散乱体の繰り返し物理光学法における電流分布と幾何光学場の比較
  ◎佐藤拓彦・安藤 真(東工大)
CS-1-6 水平微小ダイポールによる完全導体円板の散乱界に対する数値計算
  ○黒木啓之・柴崎年彦(都立産技高専)・木下照弘(東京工芸大)

3月11日 13:00〜15:45 プリズムハウス 1F P108 座長 柴崎年彦(都立産技高専)

CS-1-7 規則導波路系の端面による平面波散乱の数値解析
  ○小見山 彰(阪電通大)
CS-1-8 時間領域RCSを用いた複素誘電率推定に関する研究
  ◎相磯潤也・白井 宏(中大)
CS-1-9 導体平板上に設けられた単純クラックモデルからの散乱
  ○佐藤亮一(新潟大)・白井 宏(中大)

休 憩(14:30 再開)  座長 後藤啓次(防衛大)

CS-1-10 深度センサを用いた実環境FDTD数値モデル構築と商用電磁界シミュレータへの適用
  ◎今野海航・園田 潤(仙台高専)・金澤 靖(豊橋技科大)・佐藤源之(東北大)
CS-1-11 FaFFAを用いたCBFMのインピーダンス行列生成高速化
  ◎田中 泰・西岡泰弘・稲沢良夫・宮下裕章(三菱電機)
CS-1-12 ベクトル型スーパーコンピュータを用いた大規模マルチビームリフレクトアレーの高速設計
  ○今野佳祐・陳 強(東北大)
CS-2. 直流回路の遮断技術の最新動向
(機構デバイス研専)

3月13日 9:25〜11:45 コラーニングハウスⅡ 2F C601 座長 吉田 清(日本工大)

CS-2-1 壁で囲まれた空間内で磁気吹き消しされる開離時アークのアーク引き伸ばし時間
  ◎加藤圭佑・関川純哉(静岡大)
CS-2-2 DC450V回路の開離時アーク継続時間に対する高分子材料壁の影響
  ◎小西弘純・関川純哉(静岡大)

休 憩(10:30 再開)  座長 曽根秀昭(東北大)

CS-2-3 電磁コンタクタ用AgNi接点の閉成時アーク発生における諸特性
  ◎下間 秀・澤 孝一郎・吉田 清(日本工大)・鈴木健司・高谷幸悦(富士電機機器制御)
CS-2-4 電磁コンタクタの開離時アークの諸特性に対する周囲雰囲気の影響
  ○董 学博・澤 孝一郎・吉田 清(日本工大)・鈴木健司・高谷幸悦(富士電機)
CS-2-5 開離時アークの開離速度と遮断特性の関係について
  ○吉田 清・澤 孝一郎(日本工大)・鈴木健司・高谷幸悦(富士電機機器制御)
CS-3. 磁気記録・情報ストレージにおける将来動向とその要素技術
(磁気記録・情報ストレージ研専)

3月13日 9:00〜11:20 コラーニングハウスⅡ 1F C509 座長 赤城文子(工学院大)

CS-3-1 リニアテ-プシステム用高容量媒体の研究
  ○原澤 建・小柳真仁・清水 治(富士フイルム)
CS-3-2 ホログラフィックデータストレージにおける直流信号成分の除去のための位相パターン最適化
  ○倉田博之・吉田周平・山本 学(東京理科大)
CS-3-3 シミュレーション解析による3層ECCグラニュラー媒体の検討
  ○本多直樹(東北工大)・山川清志(秋田県産技セ)

休 憩(10:30 再開)

CS-3-4 ラン長制約符号とシャノン容量
  ○栗原義武・近藤祐史(香川高専)
CS-3-5 SMRにおける再生感度とトラックピッチの一検討
  ○仲村泰明・大沢 寿・岡本好弘(愛媛大)・金井 靖(新潟工科大)・村岡裕明(東北大)
CS-4. 有機エレクトロニクス材料・デバイスの過去・現在と未来への展望
(有機エレクトロニクス研専、ポリマー光回路時限研専 共催)

3月10日 13:00〜15:45 フォレストハウス 1F F101 座長 多田和也(兵庫県立大)

CS-4-1 (依頼講演50分)ポリマー電子・光デバイスの萌芽期-現状-将来への期待
  ○大森 裕(阪大)
CS-4-2 表面プラズモン共鳴を利用した高性能有機センサの開発
  ○加藤景三・馬場 暁・新保一成・金子双男(新潟大)

休 憩(14:30 再開)  座長 梶井博武(阪大)

CS-4-3 (依頼講演)有機強誘電体薄膜を用いた力・赤外線センシング
  ○石田謙司・小柴康子・三崎雅裕(神戸大)・堀江 聡(センサーズアンドワークス)
CS-4-4 PTB7:C70複合体を用いた塗布型高分子太陽電池への熱アニーリング効果
  ○多田和也(兵庫県立大)
CS-4-5 ポリフルオレン結晶相薄膜による積層高分子発光トランジスタの発光特性改善
  ○梶井博武・大友隆弘・田中 仁・橋本和弥・大森 裕(阪大)

3月13日 9:30〜12:15 フォレストハウス 1F F101 座長 小林潤也(NTT)

[3Dプリンタの発明と応用、今後の展望]

CS-4-6 (依頼講演50分)3Dプリンタの開発ー光造形法の発明経緯・評価・特許問題
  ○小玉秀男(快友特許事務所)
CS-4-7 (依頼講演)3Dプリンターの現状と展望
  ○立石弘幸(システムクリエイト)

休 憩(11:00 再開)  座長 鴻野晃洋(NTT)

CS-4-8 (依頼講演50分)医用画像処理と3Dプリンタによる臓器モデル生成と診断治療支援への応用
  ○森 健策(名大)
CS-4-9 (依頼講演)金属の3Dプリンティング最新状況
  ○前田寿彦(NTTデータエンジニアリングシステムズ)
CS-5. マルチフィジクスシミュレーション技術の最新動向と応用
(エレクトロニクスシミュレーション研専)

3月13日 9:25〜11:45 プリズムハウス 1F P110 座長 平野拓一(東工大)

CS-5-1 (依頼講演)マルチフィジックスシミュレーションによる光と電子の相互作用の解析―ポテンシャル構造に起因する量子力学的効果および単一電子の最適制御について―
  ○竹内 嵩・大貫進一郎・佐甲徳栄・芦澤好人・中川活二(日大)・田中雅宏(岐阜大)
CS-5-2 (依頼講演)静電気放電による過渡電磁ノイズの数値モデリング
  ○藤田和広(富士通)

休 憩(10:30 再開)  座長 藤田和広(富士通)

CS-5-3 (依頼講演)人体に対する電磁界・熱のマルチフィジクス解析技術
  ○平田晃正(名工大)
CS-5-4 GPUを用いたLSI基板の発熱・伝熱シミュレータの構築
  ○渡邊聖剛・大村 崇・北川友貴・林 磊・孟 林・福井正博(立命館大)
CS-5-5 (依頼講演)デジタル機器の電磁波と回路の連成解析
  ○房安浩嗣・飛永真人・松原 亮(パナソニック)