エレクトロニクスソサイエティ

特別企画

特別記念講演

日本国際賞受賞

ノーベル物理学賞受賞

大会委員会企画

TK-1.関西発ベンチャーの現状と課題 - ベンチャーと大企業のコラボレーション -

TK-2.I-Scoverチャレンジ2014 〜応募作品講演会〜

TK-3.国際標準化とビジネス戦略

TK-4.イノベーション創出実現に向けた情報通信技術の研究開発

TK-5.教育改革と人材育成

ソサイエティ特別企画

CK-1.エレクトロニクスソサイエティ プレナリーセッション

CK-2.Thailand-Japan MicroWave(TJMW)2014優秀発表賞特別セッション

チュートリアルセッション

CT-1.発見から50年!超伝導量子干渉素子(SQUID)の現状と将来

ABCT-1.回路設計者のための電池活用技術

依頼シンポジウム

CI-1.次世代の光技術を実現するナノフォトニクスの最新動向とその応用展開

CI-2.光エレクトロニクス研究会(OPE)学生表彰式

CI-3.ニーズとシーズを踏まえた将来光デバイス技術の展望

CI-4.低消費電力スティープスロープFET技術の現状と展望

BCI-1.データコムの革新を実現する光デバイス・システム技術 〜データコムとテレコム、ここが違う!〜

BCI-2.光ファイバの「つなぐ」技術

BCI-3.無線電力伝送のための回路デバイス技術

 

ソサイエティ特別企画

CK-1. エレクトロニクスソサイエティプレナリーセッション
(エレクトロニクスソサイエティ運営委員会)
一般無料公開:本企画の聴講は無料です.直接,会場へお越し下さい.

3月11日 15:00〜16:15 コラーニングハウスⅡ 2F C605 司会 萬 伸一(NEC)

15:00~
 15:05
ソサイエティ会長挨拶 会長 中野 義昭(東大)
15:05~
 15:25
表彰式
・エレクトロニクスソサイエティ活動功労表彰
・エレクトロニクスソサイエティ学生奨励賞
15:30~
 16:15
特別講演
「光ファイバ型睡眠時無呼吸センサ(F-SASセンサ)の研究開発」
  講師 三田地 成幸教授(東京工科大学)
概要: 睡眠中に呼吸が止まる睡眠時無呼吸症候群(SAS)という人類宿命の病があり、突然死の遠因とも言われている。演者らは光ファイバシート、Si-PD、LED(650nm)、マイコン、SDカード、小型液晶表示からなる完全無拘束で非侵襲性の光ファイバ型睡眠時無呼吸センサ(F-SASセンサ)を世界で初めて開発した。本センサの開発経緯、測定原理、各種光ファイバシート作製とその特性、臨床応用について講演する。本センサでは、記録データは専用解析プログラムにて、正常呼吸、無呼吸、低呼吸、寝返り、体動信号に完全自動解析される。光ファイバシートを家庭用寝具のシーツの下に敷いて普段どおりの就寝状態で体に何も装着せずに、医療現場で用いられるポリソムノグラフィーと同様に睡眠時の無呼吸・低呼吸状態が測定可能である。その小型化にも成功し、成人SAS患者、小児SAS、新生児の無拘束性心拍呼吸計測、人間ドックへの適用を図り、確定診断機であるポリソムノグラフィーやSAS-2100、パルスオキシメータとの高い相関を得ることができた。開発した小型F-SASセンサが、普段の睡眠状態でのSASスクリーニングに有効であることを紹介する。
CK-2. Thailand-Japan MicroWave(TJMW)2014優秀発表賞特別セッション
(マイクロ波研専)

3月12日 13:00〜14:45 コラーニングハウスⅠ 2F C205 座長 岡崎浩司(NTTドコモ)

  講演時間:各25分
座長挨拶:5分
CK-2-1 The Radiation Analysis for RFID Tag Mounted on Coated Metallic Cylinder Using UTD Solution
  ○Pitchanun WONGSIRITORN・Chuwong PHONGCHAROENPANICH・Tajchai PUMPOUNG(KMITL)・Titipong LERTWIRIYAPRAPA・Kittisak PHAEBUA(KMUTNB)
CK-2-2 A Dual-band Fractal Slot Antenna Fed by Fractal Ca-pacitive Coupling
  ◎Thanakarn Suangun・Norakamon Wongsin・Chatree Mahatthanajatphat・Prayoot Akkaraekthalin(King Mongkut’s University of Technology North Bangkok)
CK-2-3 Establishment of New Method for Calibrating Impedance of Test Instrument with Vector Network Analyzer
  ○Ryoko Kishikawa・Masahiro Horibe(産総研)
CK-2-4 A Dirac Cone Metasurface Exhibiting Extraordinary Transmission Characteristics
  ○Shotaro Nagai・Atsushi Sanada(Yamaguchi Univ.)

チュートリアルセッション

CT-1. 発見から50年!超伝導量子干渉素子(SQUID)の現状と将来
(超伝導エレクトロニクス研専)

3月10日 10:00〜16:45 プリズムハウス 1F P114 座長 廿日出 好(近畿大)

  講演時間:指定以外各30分
CT-1-1 磁気マーカーを用いたバイオセンシング
  円福敬二(九大)
CT-1-2 高温超伝導SQUIDを用いた磁化率計開発
  ○紀和利彦・堺 健司・Mohd Mawardi Saari・塚田啓二(岡山大)
CT-1-3 HTS-SQUIDを用いた資源探査装置の開発
  ○波頭経裕・塚本 晃・安達成司(ISTEC)・渡辺英久・石川秀浩(MINDECO)・杉崎真幸・本居正幸・加藤文人・毛利拓治(JOGMEC)・田辺圭一(ISTEC)
CT-1-4 HTS-SQUIDを用いた異物検査装置の開発
  ○田中三郎・大谷剛義(豊橋技科大)

休 憩(60分)  座長 円福敬二(九大)

CT-1-5 SQUID磁気顕微鏡
  ○糸崎秀夫・宮戸祐治(阪大)
CT-1-6 SQUIDを用いた超低磁場MRI
  ○小山大介・樋口正法・上原 弦(金沢工大)
CT-1-7 X線天文衛星DIOS搭載に向けた低発熱型多入力SQUIDの開発
  ○酒井和広・山本 亮・千葉 旭・竹井 洋・山崎典子・満田和久(JAXA)・日高睦夫・永沢秀一・神代 暁(産総研)・宮崎利行(金沢大)
CT-1-8 直流抵抗の精密計測を支えるSQUID
  大江武彦(産総研)

休 憩(15分)  座長 山梨裕希(横浜国大)

CT-1-9 RF-SQUID終端型NbN共振器による超伝導転移端センサのマイクロ波帯周波数多重読出回路
  ○神代 暁・平山文紀・山森弘毅・永沢秀一・福田大治・佐藤 昭・日高睦夫(産総研)・入松川知也(東大)
CT-1-10 SQUIDから超伝導量子ビットへ(60分)
  中村泰信(東大)
ABCT-1. 回路設計者のための電池活用技術
(集積回路研専、電子通信エネルギー技術研専、回路とシステム研専 共催)

3月12日 13:00〜17:00 コラーニングハウスⅠ 3F C306 座長 松岡俊匡(阪大)

  講演時間:指定以外各30分
ABCT-1-1 電池の蓄電反応と電池材料(45分)
  稲葉 稔(同志社大)
ABCT-1-2 エコカー用・蓄電システム用蓄電池の技術動向
  中満和弘(GSユアサ)
ABCT-1-3 バッテリのシミュレーション技術 -モデリングと応用-
  重松浩一(サイバネットシステム)
ABCT-1-4 蓄電池スマートセンサー技術
  福井正博(立命館大)

休 憩(15分)  座長 佐藤弘樹(ソニーLSIデザイン)

ABCT-1-5 薄膜全固体電池を活用したエネルギーハーベスティング回路設計
  岡田光司(CYMBET)
ABCT-1-6 曲がる電池の紹介
  廣橋拓也(半導体エネルギー研)
ABCT-1-7 酵素反応を利用する生体・環境に優しいバイオ発電デバ イス
  西澤松彦(東北大)

依頼シンポジウム

CI-1. 次世代の光技術を実現するナノフォトニクスの最新動向とその応用展開
(光エレクトロニクス研専、レーザ・量子エレクトロニクス研専、シリコン・フォトニクス時限研専、集積光デバイスと応用技術時限研専、有機エレクトロニクス研専 共催)

3月12日 13:00〜16:40 フォレストハウス 1F F108 座長 松尾慎治(NTT)

  講演時間:各25分
座長挨拶:5分
CI-1-1 ナノ光電子機能における局所電磁相互作用と電子系の励起輸送過程の可視化と解析
  ○内山和治・堀 裕和・小林 潔・松本 俊(山梨大)
CI-1-2 ナノフォトニクスの医療応用への期待 -ナノ粒子を併用した光線力学的癌診断と治療法の開発-
  三好憲雄(福井大)
CI-1-3 シリコンナノ結晶の多様な発光特性と医療・バイオ応用への期待
  藤井 稔(神戸大)
CI-1-4 周期構造素子の作製と蛍光増強への応用
  ◎西井準治(北大)・田和圭子(産総研)・三ツ石方也(東北大)

休 憩(15分)  座長 三浦健太(群馬大)

CI-1-5 磁気共鳴を示すスプリットリング共振器構造と光メタマテリアル
  ○岡本敏弘・原口雅宣(徳島大)
CI-1-6 ナノワイヤとフォトニック結晶による光ナノ共振器とその応用展開
  ○横尾 篤・滝口雅人・Muhammad Danang Birowosuto・Guoqiang Zhang・舘野功太・倉持栄一・谷山秀昭・納富雅也(NTTナノフォトニクスセンタ)
CI-1-7 Ultrathin Optical Fibres for Dielectric Particle Trapping and Manipulation
  ○Viet Giang Truong・Aili Maimaiti・Ivan Gusachenko・Marios Sergides・Sile Nic Chormaic(Okinawa Inst. of Sci. and Tech.)
CI-1-8 知的ナノ構造体:局所環境での光と物質の相互作用による機能構築
  ○成瀬 誠(NICT)・金 成主(物質・材料研究機構)・青野真士(東工大)
CI-2. 光エレクトロニクス研究会(OPE)学生表彰式(セッションとしての予稿あり)
(光エレクトロニクス研専)

3月11日 10:00〜11:35 フォレストハウス 1F F108 座長 鈴木賢哉(NTT)

  講演時間:90分
座長挨拶:5分
CI-2 1.2014年度OPE研究会学生優秀研究賞 授与
2.受賞者による特別講演(3件)
CI-3. ニーズとシーズを踏まえた将来光デバイス技術の展望
(レーザ・量子エレクトロニクス研専、光エレクトロニクス研専、マイクロ波・ミリ波フォトニクス研専 共催)

3月10日 13:00〜16:35 フォレストハウス 1F F110 座長 梅沢俊匡(NICT)

  講演時間:各25分
座長挨拶:5分
CI-3-1 量子ドット-フォトニック結晶ナノ共振器結合系の進展と展望
  ○岩本 敏・太田泰友・荒川泰彦(東大)
CI-3-2 横注入型半導体レーザの展望
  松尾慎治(NTT)
CI-3-3 VCSELフォトニクスと応用システム
  小山二三夫(東工大)
CI-3-4 極低消費エネルギー光処理に向けた集積ナノフォトニクス
  納富雅也(NTT)

休 憩(10分)  座長 松浦祐司(東北大)

CI-3-5 単結晶及び非晶質系無機・有機基板の表面ナノ構造制御と新規光機能薄膜の創製-ワイドギャップ単結晶薄膜の室温合成や原子ステップポリマー基板など-
  吉本 護(東工大)
CI-3-6 蛍光励起の飽和を利用した超解像顕微鏡
  藤田克昌(阪大)
CI-3-7 電界誘起気泡界面を利用した分子操作
  山西陽子(芝浦工大)
CI-3-8 超高速テラヘルツ無線を支える光電子デバイス技術の動向
  ◎佐藤 昭・尾辻泰一(東北大)
CI-4. 低消費電力スティープスロープFET技術の現状と展望
(電子デバイス研専)

3月10日 13:00〜16:45 フォレストハウス 1F F103 座長 宮本恭幸(東工大)

  講演時間:各30分
CI-4-1 トンネルFETのモデリング
  ○福田浩一・森 貴洋・水林 亘・森田行則・昌原明植・安田哲二・右田真司・太田裕之(産総研)
CI-4-2 等電子トラップ技術によるシリコンTFETのオン電流増大
  ○森 貴洋・森田行則・水林 亘・福田浩一・右田真司・宮田典幸・昌原明植・安田哲二・太田裕之(産総研)
CI-4-3 Zn拡散ソースを用いたプレーナ型InGaAs トンネルFET
  ○高木信一・野口宗隆・竹中 充(東大)
CI-4-4 III-Vナノワイヤ/Siヘテロ接合界面のトンネルFET応用
  ○冨岡克広・本久順一・福井孝志(北大)

休 憩(15分)  座長 藤代博記(東京理科大)

CI-4-5 超格子ソースによるスティープスロープFETの可能性
  ○宮本恭幸・行待篤志(東工大)
CI-4-6 バイポーラデバイスによるスティープスロープの実現
  久本 大(日立)
CI-4-7 しきい値電圧制御による低電圧低消費電力デバイス
  ○平本俊郎・小林正治(東大)
BCI-1. データコムの革新を実現する光デバイス・システム技術 〜データコムとテレコム、ここが違う!〜
(光通信システム研専、光エレクトロニクス研専 共催)

3月11日 13:00〜16:10 フォレストハウス 2F F203 座長 西山伸彦(東工大)

  講演時間:各25分
BCI-1-1 スーパーコンピュータにおける通信アーキテクチャ
  住元真司(富士通)
BCI-1-2 データコムに向けた光・電子デバイスの研究開発動向
  ○山中祥吾・石田 修・尾中 寛(PETRA)

  座長 石榑崇明(慶大)

BCI-1-3 情報処理・通信装置向け光インターコネクト
  ○中條徳男・松嶋直樹・野村里佳・高井俊明・水島明子・松岡康信・李 英根・山下寛樹(日立)
BCI-1-4 データコム用低消費電力光デバイス・モジュール
  那須秀行(古河電工)

休 憩(15分)  座長 谷澤 健(産総研)

BCI-1-5 データコムにおける高密度光実装技術
  蔵田和彦(PETRA)
BCI-1-6 データコム用光ファイバコネクタ
  ○耕田 浩・荒生 肇・島川 修・大村真樹・大塚健一郎(住友電工)
BCI-1-7 広帯域・高密度チップ間通信へ向けたポリマー光導波路
  石榑崇明(慶大)
BCI-2. 光ファイバの「つなぐ」技術
(光ファイバ応用技術研専、光通信システム研専、光エレクトロニクス研専 共催)

3月12日 13:00〜16:20 フォレストハウス 2F F203 座長 椎野雅人(古河電工)

  講演時間:各25分
座長挨拶:5分
BCI-2-1 光ファイバ接続技術の今までとこれから
  加島宜雄(芝浦工大)
BCI-2-2 現場組立光ファイバコネクタ技術
  木原 満(NTT)
BCI-2-3 融着技術とその関連技術の動向
  ○大塚健一郎(住友電工)・鈴木裕司(SEIオプティフロンティア)・本間敏彦(住友電工)

休 憩(20分)  座長 高谷雅昭(NTT東日本)

BCI-2-4 サーバ機器内配線用多心光コネクタ
  ○青木 剛・村中秀史・青木重憲(富士通研)・末松克輝・岩屋光洋・椎野雅人・八木 健(古河電工)
BCI-2-5 GI型POFの簡便な接続へのボールペン技術の応用
  ○三井章仁・鈴木 等・鳥飼俊敬(三菱鉛筆)・瀧塚博志・当麻哲哉・小池康博(慶大)
BCI-2-6 マルチコアファイバの接続技術
  斎藤恒聡(古河電工)
BCI-2-7 2LPモードファイバ用モード合分波器
  ○竹永勝宏・松尾昌一郎(フジクラ)・齊藤晋聖(北大)
BCI-3. 無線電力伝送のための回路デバイス技術
(無線電力伝送研専、電子デバイス研専 共催)

3月11日 12:50〜17:00 フォレストハウス 2F F202 座長 大野泰夫(レーザーシステム)

  講演時間:各25分
座長挨拶:5分
BCI-3-1 ワイヤレス給電技術と求める半導体デバイス
  篠原真毅(京大)
BCI-3-2 電磁誘導方式大出力(10-150kW)非接触給電
  ○沖米田恭之・望月正志・山本喜多男(昭和飛行機)
BCI-3-3 Qiデバイスを用いたワイヤレス給電のシステム設計について
  横倉民雄(日本テキサス・インスツルメンツ)

休 憩(10分)  座長 大平 孝(豊橋技科大)

BCI-3-4 GaN FETを用いたMHz帯直流スイッチング共鳴ワイヤレス給電
  細谷達也(村田製作所)
BCI-3-5 マイクロ波超高効率電力増幅・整流回路の共用化によるスマートワイヤレスモジュール
  ○本城和彦・石川 亮(電通大)
BCI-3-6 生活環境に存在する通信・放送波からの電磁波エネルギー回収回路技術の開発
  ○吉田洋一・池永佳史・野口宏一朗・野瀬浩一(ルネサスエレクトロニクス)

休 憩(10分)  座長 新井 学(新日本無線)

BCI-3-7 GaNパワーデバイスの現状と今後の動向
  吉川俊英(トランスフォーム・ジャパン)
BCI-3-8 SiC デバイスの低インダクタンスパッケージ技術
  ○初川 聡・豊島茂憲・築野 孝・御神村泰樹(住友電工)
BCI-3-9 マイクロ波電力整流用GaNショットキーバリアダイオード
  ○大野泰夫(レーザーシステム)・敖 金平(徳島大)

エレクトロニクス1・エレクトロニクス2の冊子論文集に掲載されているセッション

「エレクトロニクス1」・「エレクトロニクス2」に掲載されているうちの「エレクトロニクス2」の表記用
CK-2. Thailand-Japan MicroWave(TJMW)2014優秀発表賞特別セッション
(マイクロ波研専)

3月12日 13:00〜14:45 コラーニングハウスⅠ 2F C205 座長 岡崎浩司(NTTドコモ)

  講演時間:各25分
座長挨拶:5分
CK-2-1 The Radiation Analysis for RFID Tag Mounted on Coated Metallic Cylinder Using UTD Solution
  ○Pitchanun WONGSIRITORN・Chuwong PHONGCHAROENPANICH・Tajchai PUMPOUNG(KMITL)・Titipong LERTWIRIYAPRAPA・Kittisak PHAEBUA(KMUTNB)
CK-2-2 A Dual-band Fractal Slot Antenna Fed by Fractal Ca-pacitive Coupling
  ◎Thanakarn Suangun・Norakamon Wongsin・Chatree Mahatthanajatphat・Prayoot Akkaraekthalin(King Mongkut’s University of Technology North Bangkok)
CK-2-3 Establishment of New Method for Calibrating Impedance of Test Instrument with Vector Network Analyzer
  ○Ryoko Kishikawa・Masahiro Horibe(産総研)
CK-2-4 A Dirac Cone Metasurface Exhibiting Extraordinary Transmission Characteristics
  ○Shotaro Nagai・Atsushi Sanada(Yamaguchi Univ.)
CI-1. 次世代の光技術を実現するナノフォトニクスの最新動向とその応用展開
(光エレクトロニクス研専、レーザ・量子エレクトロニクス研専、シリコン・フォトニクス時限研専、集積光デバイスと応用技術時限研専、有機エレクトロニクス研専 共催)

3月12日 13:00〜16:40 フォレストハウス 1F F108 座長 松尾慎治(NTT)

  講演時間:各25分
座長挨拶:5分
CI-1-1 ナノ光電子機能における局所電磁相互作用と電子系の励起輸送過程の可視化と解析
  ○内山和治・堀 裕和・小林 潔・松本 俊(山梨大)
CI-1-2 ナノフォトニクスの医療応用への期待 -ナノ粒子を併用した光線力学的癌診断と治療法の開発-
  三好憲雄(福井大)
CI-1-3 シリコンナノ結晶の多様な発光特性と医療・バイオ応用への期待
  藤井 稔(神戸大)
CI-1-4 周期構造素子の作製と蛍光増強への応用
  ◎西井準治(北大)・田和圭子(産総研)・三ツ石方也(東北大)

休 憩(15分)  座長 三浦健太(群馬大)

CI-1-5 磁気共鳴を示すスプリットリング共振器構造と光メタマテリアル
  ○岡本敏弘・原口雅宣(徳島大)
CI-1-6 ナノワイヤとフォトニック結晶による光ナノ共振器とその応用展開
  ○横尾 篤・滝口雅人・Muhammad Danang Birowosuto・Guoqiang Zhang・舘野功太・倉持栄一・谷山秀昭・納富雅也(NTTナノフォトニクスセンタ)
CI-1-7 Ultrathin Optical Fibres for Dielectric Particle Trapping and Manipulation
  ○Viet Giang Truong・Aili Maimaiti・Ivan Gusachenko・Marios Sergides・Sile Nic Chormaic(Okinawa Inst. of Sci. and Tech.)
CI-1-8 知的ナノ構造体:局所環境での光と物質の相互作用による機能構築
  ○成瀬 誠(NICT)・金 成主(物質・材料研究機構)・青野真士(東工大)