通信ソサイエティ

特別企画

特別記念講演

日本国際賞受賞

ノーベル物理学賞受賞

大会委員会企画

TK-1.関西発ベンチャーの現状と課題 - ベンチャーと大企業のコラボレーション -

TK-2.I-Scoverチャレンジ2014 〜応募作品講演会〜

TK-3.国際標準化とビジネス戦略

TK-4.イノベーション創出実現に向けた情報通信技術の研究開発

TK-5.教育改革と人材育成

ソサイエティ特別企画

BK-1.通信ソサイエティWelcome Party

BK-2.論文の書き方講座

パネルセッション

BP-1.将来無線アクセスにむけた要素技術

BP-2.Application-Driven Software Defined Infrastructureを実現する技術とその応用

BP-3.人々の行動を変えるには ―行動変容研究の最新動向―

BP-4.2050年の電波利用形態を考える ―将来の周波数資源配分はどうあるべきか?―

BP-5.ICT標準化と技術イノベーション

チュートリアルセッション

BT-1.よくわかるLTE-Advanced

BT-2.ICTの交通分野への応用

BT-3.ビッグデータを活用した運用管理技術

BT-4.Application-Orientedな無線通信システムおよび評価系の構築事例とプラットフォーム

BT-5.知的環境のための知識発見手法:機械学習・データマイニング

ABCT-1.回路設計者のための電池活用技術

依頼シンポジウム

BI-1.新たな周波数・要素技術を適用した衛星通信システムの展望

BI-2.通信および電力の接地とEMC問題

BI-3.これからの光通信インフラを支える光ファイバ測定・評価技術

BI-4.ゲーム理論は通信ネットワークの課題を解決するか?

BI-5.ワイヤレス・コミュニケーションクオリティ‐ワイヤレス通信における総合力‐

BI-6.フォトニックネットワークおよび情報通信システムの仮想化の在り方

BI-7.知的環境とのりもの

BI-8.先端医療機器の薬事承認を効率化するレギュラトリーサイエンスの現状と将来展望

BCI-1.データコムの革新を実現する光デバイス・システム技術 〜データコムとテレコム、ここが違う!〜

BCI-2.光ファイバの「つなぐ」技術

BCI-3.無線電力伝送のための回路デバイス技術

 
シンポジウムセッション

この目次は、インターネット講演申込登録のデータを元に作成されています。
また、講演者を○、◎印で示し、 ◎印は本会「学術奨励賞受賞候補者」の資格対象であることを示します。

BS-1. アンテナ・レーダ・センシングシステムを支えるアレー信号処理技術
(アンテナ・伝播研専、宇宙・航行エレクトロニクス研専 共催)

3月11日 9:00〜11:45 コラーニングハウスⅠ 3F C303 座長 藤元美俊(福井大)

BS-1-1 圧縮センシングを用いた到来方向推定におけるパラメータ値の到来波数依存性
  ◎遠藤大樹・西村寿彦・小川恭孝・大鐘武雄(北大)
BS-1-2 周波数フィルタとタップ付遅延線路を用いた広帯域干渉信号抑圧のためのアダプティブアレイ
  ◎藤島泰郎・長倉 博・見持圭一(三菱重工)
BS-1-3 マルチビーム誘電体レンズアンテナを用いた到来方向推定
  ◎須藤俊介・堤 洸貴・桑原義彦(静岡大)・加茂宏幸(日本電産エレシス)

休 憩(10:30 再開)  座長 小林弘一(阪工大)

BS-1-4 フェーズドアレイアンテナを用いたUAV行方不明者探索システム
  ◎安藤太裕・青海尚登・稲田 輝・劉 江・嶋本 薫(早大)
BS-1-5 MIMOドップラレーダを用いた屋内における複数人物のリアルタイム行動追跡に関する実験的検討
  ◎佐藤耕平・山田寛喜(新潟大)・辻 宏之(NICT)・山口芳雄(新潟大)
BS-1-6 MIMO固有モード伝送における固有値近接が通信性能に与える影響について
  ○洞井裕介・井家上哲史(明大)
BS-2. 広域サービスネットワークの仮想運用制御を支える将来ネットワーク技術
(ネットワークシステム研専)

3月10日 9:30〜11:35 フォレストハウス 3F F301 座長 小島祐治(富士通研)

BS-2-1 PON対応仮想エッジと可変帯域リングの資源再分配方式
  ○三澤 明・望月このみ・土屋英雄・中川雅弘・服部恭太・片山 勝(NTT)
BS-2-2 SDNにおけるスイッチ・コントローラ間切断時のネットワーク復旧機構
  渡邊拓麻・◎大溝拓也(東工大)・秋山豊和(京産大)・飯田勝吉(東工大)
BS-2-3 OpenFlowを用いたパケット – 光マルチレイヤ統合制御方式の検討
  ○鈴木 大・宮部正剛・片桐 徹(富士通)・内藤崇男・池内 公(富士通研)・山下真司(富士通)
BS-2-4 Linuxカーネルにおけるパケット中継およびVM通信の性能評価とその処理ネックの分析
  ○児玉武司・鶴岡哲明(富士通研)
BS-2-5 複数のP2PTVアプリケーションにおけるトラヒックフローの特性分析と比較
  水谷光貴・○三好 匠(芝浦工大)・Olivier Fourmaux(UPMC)
BS-3. Advanced Technologies in the Design, Management and Control for Future Innovative Communication Network
(ネットワークシステム研専)

3月10日 9:30〜12:00 フォレストハウス 3F F302 座長 平田孝志(関西大)

BS-3-1 Multi-path Transmission for Picocell Edge Users in LTE-Advanced Heterogeneous Networks
  ◎Zhi Liu・Bo Gu(Waseda Univ.)・Lei Zhong(NICT)・Yusheng Ji(NII)・Yoshiaki Tanaka(Waseda Univ.)
BS-3-2 A Simple Model and Analysis of Wi-Fi Tethering with Offloading through Wi-Fi Access Network
  ○Xiang Li・Yuki Narita・Yuta Goto・Shigeo Shioda・Nobuyoshi Komuro・Hiroo Sekiya・Shiro Sakata(Chiba Univ.)・Kazunori Miyoshi・Tutomu Murase(NEC)
BS-3-3 An In-home Performance Evaluation of PLC/WLAN Cooperative Transmission Scheme
  ◎Adriano Muniz・Kazuya Tsukamoto・Kenji Kawahara(Kyushu Inst. of Tech.)
BS-3-4 A New Scheduler of Multipath TCP for Improving Robustness and Throughput
  ○Van-Hop Duong・Kazuya Tsukamoto・Yuji Oie(Kyushu Inst. of Tech.)
BS-3-5 DTN Reliability Enhancement with Custody Transfer Retransmission
  ○Saw David San(Waseda Univ.)・Ryo Yamamoto(The Univ. of Electro-Communications)・Yoshiaki Tanaka(Waseda Univ.)
BS-3-6 Node Location-dependent Remaining Ttl-based Buffer Management for Delay Tolerant Networks
  ○Agussalim・Masato Tsuru(Kyushu Inst. of Tech.)

3月10日 13:00〜17:00 フォレストハウス 3F F302 座長 橘 拓至(福井大)

BS-3-7 Improving Tor Network Throughput by the Circuit Switching
  ○Timothy Girry Kale・Satoshi Ohzahata・Wu Celimuge・Toshihiko Kato(The Univ. of Electro-Communications)
BS-3-8 The Effect of User Attributes and Video Presentation Methods on QoE of Multi-View Video and Audio IP Transmission
  ○Toshiro Nunome・Takuya Ishida(Nagoya Inst. of Tech.)
BS-3-9 A Proposal of Lookup Table Management Method to Improve Performance for Cut-Through Architecture
  ◎Satoshi Nishiyama・Takeshi Osaka(NTT)
BS-3-10 A Feasibility Study for Detecting Landing Sites of Drive-by Download Attacks
  ○Takashi Matsunaka・Akira Yamada・Ayumu Kubota(KDDI R&D Labs.)
BS-3-11 Approach to Controlling of Smart Phone Based Virtual Reality Head-Mounted-Devices Through Touch Screen Indirectly
  ◎Tung D. Ta・Yoshihiro Kawahara・Tohru Asami(The Univ. of Tokyo)

休 憩(15:20 再開)  座長 横平徳美(岡山大)

BS-3-12 A Framework for Cache Management in Information-Centric Networking Using Congestion Price
  ○Dinh Nguyen・Kohei Sugiyama・Atsushi Tagami(KDDI R&D Labs.)
BS-3-13 A Novel Green Proactive-Caching Scheme for Mobility in Information Centric Networking
  ○Quang NGUYEN・Takuro Sato(Waseda Univ.)
BS-3-14 Dynamic File-Level Popularity based Cache Management Scheme for Video Delivery on CCN
  ○Haipeng Li・Hidenori Nakazato(Waseda Univ.)
BS-3-15 Design and Implementation of Legacy Application Adaptation Tools for ID-based Communication
  ○Alexandre Manoury・Tomoji Tomuro・Yusuke Fukushima・Ved P. Kafle(NICT)

3月11日 9:00〜11:45 フォレストハウス 3F F302 座長 塚本和也(九工大)

BS-3-16 Study of ad hoc routing protocol by handling communication quality between adjacent links
  ○Shinya Ishikawa・Noriharu Miyaho(Tokyo Denki Univ.)
BS-3-17 Load Balancing Opportunistic Routing Using Fixed Nodes for Ad Hoc Networks
  ◎Tatsuya Shirai・Taku Yamazaki(Waseda Univ.)・Ryo Yamamoto(The Univ. of Electro-Communications)・Takumi Miyoshi(Shibaura Inst. of Tech.)・Yoshiaki Tanaka(Waseda Univ.)
BS-3-18 A Basic Study of Network Dis-connectivity in the Mesh Networks with Energy Constraint
  ○Rui Teng・Huan-Bang Li・Ryu Miura(NICT)

休 憩(10:30 再開)  座長 田中良明(早大)

BS-3-19 Enhanced Stateless Address Auto-Configuration Solution for Low-Overhead Network Self-Configuration in IPv6 Mobile Ad Hoc Networks
  ○Mariusz Glabowski(Poznan Univ. of Tech.)・Monika Grajzer(Gido Labs sp. z o.o.)
BS-3-20 Reliable TDMA-based One-hop Broadcast for Safety Applications in VANET
  ○Fei Han・Daisuke Miyamoto・Yasushi Wakahara(The Univ. of Tokyo)
BS-3-21 Two-tier Common Control Channel Scheme for CogVANET - Basic Performance Evaluation
  ◎Shoji Tsuru・Kazuya Tsukamoto・Masato Tsuru・Yuji Oie(Kyushu Inst. of Tech.)

3月11日 13:00〜16:35 フォレストハウス 3F F302 座長 須永 宏(阪工大)

BS-3-22 The Study of Different BAN-QoS Reqirements to Optmize the Outer Channel Code of the MNC Probosed System Via Cellular Networks
  ◎Emtithal Ahmed Talha・Ryuji Kohno(Yokohama National Univ.)
BS-3-23 A review of IEEE 802.11ah MAC design enchancement for M2M/IOT use case
  ○Ari Raptino H・Takayuki Tamura(Mitsubishi Electric)
BS-3-24 Routing Method in ICN-based Sensor Network for Multiple M2M Services
  ◎Takahiro Kaida・Osamu Mizuno(Kogakuin Univ.)
BS-3-25 Performance under Varying Traffic Conditions of an M2M Gateway Selection Scheme for Smart Wireless Devices
  ○Tharinda Nishantha Vidanagama・Daisuke Arai・Tomohiko Ogishi(KDDI R&D Labs.)
BS-3-26 Study on the Method for Extending Lifetime of Movable Sensor Network
  ○Yoshihiro Niitsu・Yuki Shibuya(Shibaura Inst. of Tech.)

休 憩(15:20 再開)  座長 上山憲昭(阪大/NTT)

BS-3-27 Proxy based Producer Mobility in Named Data Networking
  ○Xiaobo Li・Sho Harada(Waseda Univ.)・Zhiwei Yan(CNNIC)・Yong-Jin Park・Wataru Kameyama(Waseda Univ.)
BS-3-28 An Analysis of Energy Consumption between IP-Based Network and ICN for Green Networking
  ○Yin Zaw Yin・Quang N . Nguyen・Takuro Sato(Waseda Univ.)
BS-3-29 Performance Analysis of Packet Aggregation over NDN
  ◎Sho Harada(Waseda Univ.)・Zhiwei Yan(CNNIC)・Yong-Jin Park・Wataru Kameyama(Waseda Univ.)

3月12日 13:00〜17:00 フォレストハウス 3F F302 座長 高野知佐(広島市立大)

BS-3-30 Analysis of Interference Mitigation for LTE Networks with Beam-Forming and Radio-over-Fibre Based on NS-3 Simulator
  ◎Sheng Xu・Filippos Balasis・Sugang Xu・Yoshiaki Tanaka(Waseda Univ.)
BS-3-31 Beamforming-based Power-Saving Cellular System considering User's Geographical Distribution
  ◎Binti Ishak Nur Ellina・Eiji Kamioka(Shibaura Inst. of Tech.)
BS-3-32 Situation Recognition based on Wireless Signal
  Yusheng Ji・Daniel R. Rodriguez・◎Olga Streibel(NII)
BS-3-33 Locating the Cause of QoS Performance Decline in EPC
  ○Yuncheng Zhu・Hideki Okita・Seishi Hanaoka(Hitachi)
BS-3-34 Off Loading based Global LEO Satellite Network employing Adaptive Beam Forming
  ◎Akira Numakami・Shigeru Shimamoto・Jiang Liu・Lilian del Consuelo Hernandez Ruiz Gaytan・Chandarong Nuon(Waseda Univ.)

休 憩(15:20 再開)  座長 萬代雅希(上智大)

BS-3-35 Architecture Analysis of Service Function Chaining for Carrier Grade Networks
  ○Lily Guo・Shunsuke Homma・Satoshi Nishiyama・Koji Sugisono・Konomi Mochizuki・Takeshi Osaka(NTT)
BS-3-36 A Multipath Routing Method using Available Bandwidths on OpenFlow Networks
  ◎Tomoyuki Kamiyama(Kogakuin Univ.)・Koichi Asatani(Nankai Univ.)・Osamu Mizuno(Kogakuin Univ.)
BS-3-37 Highly secure communication service architecture using SDN switch
  ◎Masahiro Furukawa・Kouki Kuroda・Takeshi Ogawa・Noriharu Miyaho(Tokyo Denki Univ.)
BS-3-38 Inferring Origin-Destination Traffic Matrix with Partial Observation on OpenFlow Networks
  ○Shota Yamashita(Kyushu Inst. of Tech.)・Masato Uchida(Chiba Inst. of Tech.)・Masato Tsuru(Kyushu Inst. of Tech.)

3月13日 9:00〜11:45 フォレストハウス 3F F302 座長 水野 修(工学院大)

BS-3-39 Setting a Dynamic Pricing Strategy from User's Viewpoint in Heterogeneous Networks
  ◎Wafa Werda・Bo Gu(Waseda Univ.)・Kyoko Yamori(Asahi Univ.)・Yoshiaki Tanaka(Waseda Univ.)
BS-3-40 A Fair Bandwidth Allocation Method Based on Users' Degree of Relaxation
  ◎HUONG PHAM-THI・TAKUMI MIYOSHI(Shibaura Inst. of Tech.)
BS-3-41 Price and Time Guarantee for Cloud Service Delivery
  ○Xianwei Li・Bo Gu・Cheng Zhang(Waseda Univ.)・Kyoko Yamori(Asahi Univ.)・Yoshiaki Tanaka(Waseda Univ.)

休 憩(10:30 再開)  座長 大坐畠 智(電通大)

BS-3-42 Scalable and Cost-effective Live Video Encoding in Cloud
  ○Koustubh Gaikwad・Tomoaki Ohtsuki(Keio Univ.)
BS-3-43 Double Auction Mechanism towards Secure Information Transfer in Cognitive Radio Networks
  ◎Xiaoyan Wang(NII)・Hao Zhou(Univ. of Science and Tech. of China)・Yusheng Ji(NII)
BS-3-44 A Basic Implementation and Evaluation of Distribution Control of Query and Cache Guidance Information
  ◎Christophe Michard・Masayuki Kakida・Yosuke Tanigawa・Hideki Tode(Osaka Pref. Univ.)

3月13日 13:00〜17:00 フォレストハウス 3F F302 座長 西山大樹(東北大)

BS-3-45 Dual-Channel Digital Predistortion Compensation of Power Amplifier with Limited Oversampling Rate
  ○Yuyuan Chang・GiaKhanh Tran・Kiyomichi Araki(Tokyo Tech)
BS-3-46 Towards SE and EE in 5G with NOMA and Massive MIMO technologies
  ○Di Zhang・Keping Yu・Zheng Wen・Yuwei Su・Takuro Sato(Waseda Univ.)
BS-3-47 Introduction and Simulation Analysis of a Novel LDoS Attack in Mobile Ad Hoc Networks
  ◎Bo Yang・Bing Yu(Waseda Univ.)・Ryo Yamamoto(The Univ. of Electro-Communications)・Yoshiaki Tanaka(Waseda Univ.)
BS-3-48 Considerations on the Public Safety Network in Korea
  ○Hee Dong Kim(Hankuk Univ. Foreign Studies)
BS-3-49 Relay Selection Scheme with A More Precise Definition of Secrecy Capacity for Decode-and-Forward Cooperative Data Transmission
  ○Hao Niu・Tiantian Jiang・Masaki Ito・Kaoru Sezaki(The Univ. of Tokyo)

休 憩(15:20 再開)  座長 山本 嶺(電通大)

BS-3-50 Resource-Efficient Mobile Target Tracking in Wireless Sensor Networks
  ◎Maung Maung Nyein Aye・Makoto Kawai(Ritsumeikan Univ.)
BS-3-51 Way of locomotion detection in mobile networks for Communication Quality correlation
  ◎Quentin Plessis・Masaki Suzuki・Hideyuki Koto・Shigehiro Ano(KDDI R&D Labs.)
BS-3-52 Artificial Neural Network-based Velocity Estimation Method Using Received Signal Strength (RSS) and The Rate of RSS change (ΔRSS)
  ◎Muhammad Ariff Bin Baharudin・Eiji Kamioka(Shibaura Inst. of Tech.)
BS-3-53 Dynamic Topology Reformation for Content Dissemination in Wi-Fi Peer-to-Peer Networks
  ○Chaki Prakash・Masato Yasuda・Kazuaki Nakajima(NEC)

3月11日 13:00〜16:10 フォレストハウス 3F F303 座長 河西憲一(群馬大)

BS-3-54 Effect of Time-Dependent Pricing on the Congestion Management Practices of ISPs
  ○Bo Gu・Cheng Zhang(Waseda Univ.)・Kyoko Yamori(Asahi Univ.)・Song Liu(North China Electric Power Univ.)・Yoshiaki Tanaka(Waseda Univ.)
BS-3-55 Multi-Agent Steiner Tree Algorithm Based on Branch-Based Multicast
  ○Hiroshi Matsuura(NTT)
BS-3-56 Learning Automaton Based Algorithm for Time-Dependent Pricing under Oligopoly Network Service Providers Market
  ○Cheng Zhang・Bo Gu(Waseda Univ.)・Kyoko Yamori(Asahi Univ.)・Sugang Xu・Yoshiaki Tanaka(Waseda Univ.)
BS-3-57 A Task Scheduling Method for Data Intensive Jobs in Multicore Distributed System
  ○Kazuo Hajikano(Daiichi Institute of Technology)・Hidehiro Kanemitsu(Waseda Univ.)・Moo Wan Kim(Tokyo Univ. of Information Sciences)

休 憩(14:55 再開)  座長 福島行信(岡山大)

BS-3-58 Resource-Efficient Data Placement for MapReduce in Wireless Data Center Networks
  ◎Katsuya Suto・Hiroki Nishiyama・Nei Kato(Tohoku Univ.)
BS-3-59 Design of Heterogeneous Optical Networks under Physical Layer Constraints
  ○Filippos Balasis・Sheng Xu・Sugang Xu・Yoshiaki Tanaka(Waseda Univ.)
BS-3-60 Efficient and Secure E-mail System in Information-Centric Networking
  ○Yao Hu・Shigeki Goto(Waseda Univ.)
BS-4. ネットワーク技術特別ポスターセッション
(ネットワークシステム研専、情報ネットワーク研専 共催)

3月12日 13:00〜15:00 プリズムハウス 1F P109 座長 樽屋克彦(日立)

BS-4-1 サーバの省エネ性能の推定手法
  ○千喜良和明・浦田穣司・増尾 剛(NTT)
BS-4-2 サービス提供中システムのファイル更新方法
  ○玉置康次郎・真田 勝・小沢誠司・岡本武之(NTT)
BS-4-3 サービスチェイニングのためのタグ割当方式に関する一検討
  ◎栗田弘之・本野智治(NTT)
BS-4-4 WEBサービス向けの鍵による認証における鍵の管理に関する考察
  ○緒方祐介・中谷裕一・山下高生・岩田哲弥(NTT)
BS-4-5 3G・LTE通信とBluetooth MANET通信のノード間距離に基づいた自動選択・切替え通信方式
  ◎南 雄也・安川 遼・河野英太郎・角田良明(広島市立大)・宇都宮栄二(KDDI研)
BS-4-6 BLEビーコンとスマートフォンによる歴史的地域の観光再生-日光山内への参道における期待感の創出-
  ◎平松裕子・佐藤文博(中大)・伊藤 篤(宇都宮大)・佐々木 陽(GClue)
BS-4-7 MANET端末の機能毎の試験系列の合成による複数機能に対する試験系列生成方法
  ○小島英春・土屋達弘(阪大)
BS-4-8 コンテンツセントリックネットワークにおけるアクセス制御方式の提案
  ◎永井翔平・改田高大・水野 修(工学院大)
BS-4-9 ノードが密集した環境に適用するMANETルーティングプロトコル
  ◎松本卓也・池間優司・水野 修(工学院大)
BS-4-10 優先転送端末と端末再送制御を用いたOpportunistic Routing
  ◎山崎 託(早大)・山本 嶺(電通大)・三好 匠(芝浦工大)・朝香卓也(首都大東京)・田中良明(早大)
BS-4-11 密配置スモールセル構内網の仮想シングルセル
  ○山田喬彦・西村俊和(立命館大)
BS-4-12 ゲーミフィケーションを用いた商店街の来客数増加を実現するすれ違い通信アプリの検討
  ○小野宏介・関 智広・橘 拓至(福井大)
BS-4-13 ゲーミフィケーションを適用した観光客の増加を実現するすれちがい通信アプリの検討
  ○三井理加・関 智広・橘 拓至(福井大)
BS-5. 省エネルギー社会に向けた発電・蓄電および電力変換技術
(電子通信エネルギー技術研専)

3月11日 9:00〜11:45 フォレストハウス 1F F106 座長 鵜野将年(茨城大)

BS-5-1 動作位相角最適制御法によるソフトスイッチングPFC 回路の高効率運用
  ○高下晴臣・庄山正仁(九大)・森下貞治・鷹取浩二(オムロン)
BS-5-2 固定周波数ヒステリシスPWM制御を用いたPVシステム用電流モード昇圧形コンバータ
  ○鯨田 光・佐藤輝被・宮田祥平・鍋島 隆(大分大)
BS-5-3 太陽光パネルの電力最適化機能を有する高効率充電システムの開発
  ○瀨川明大・乾 貴志・黒川恭平・福井正博(立命館大)・道平雅一(神戸高専)・奥畑宏之(シンセシス)

休 憩(10:30 再開)  座長 武政有彦(日立化成)

BS-5-4 電力再利用型蓄電池バランサの構築と回路シミュレーションによる動作検証
  ○乾 貴志・青木宏光・瀬川明大・福井正博(立命館大)
BS-5-5 太陽電池用部分影補償器と蓄電池用バランス回路を統合したPWMスイッチトキャパシタコンバータ
  ○鵜野将年(茨城大)・久木田明夫(JAXA)
BS-5-6 リチウムイオンキャパシタの軌道上実証
  ○久木田明夫・豊田裕之・宮澤 優・村島未生(JAXA)・鵜野将年(茨城大)
BS-6. ウェアラブル端末で医療・ヘルスケアは変えられるか?-期待と問題点-
(ヘルスケア・医療情報通信技術研専)

3月10日 14:55〜17:00 プリズムハウス 1F P113 座長 原 晋介(阪市大)・杉町 勝(国立循環器病研究センター)

BS-6-1 (依頼講演)ボディエリアネットワーク ― 標準化動向と将来展望 ―
  ○田中宏和(東芝)・原 晋介(阪市大)
BS-6-2 (依頼講演)ウェアラブル機器の健康・医療領域への応用
  ○轟 晃成・小須田 司・松本一実・竹内 順・渡辺晋一郎・成澤 敦(セイコーエプソン)
BS-6-3 (依頼講演)日常的に手軽に健康状態を把握するセンシング技術
  ○内田大輔・中田康之・猪又明大・塩津真一・柳沼義典(富士通研)
BS-6-4 (依頼講演)スマートデバイス&ウェアラブルの医療・ヘルスケア応用最新動向
  ○木暮祐一(青公大)
BS-6-5 ヘルスリテラシー―ヘルスケアデバイスの利用をどう促進するか?―
  ○原 晋介(阪市大)・四方博之(関西大)
BS-7. ワイヤレス給電とんでも応用コンテスト
(無線電力伝送研専)

3月12日 13:00〜17:00 プリズムハウス 1F P107 座長 粟井郁雄(リューテック)

BS-7-1 プッシュプルE級6.78MHz直流スイッチング共鳴ワイヤレス給電システム
  ◎吉川 徹(同志社大)・細谷達也(村田製作所)・藤原耕二(同志社大)
BS-7-2 シート媒体通信によるバッテリーレス・ワイヤレスディスプレイ
  ○張 兵・松田隆志・加川敏規・三浦 龍(NICT)
BS-7-3 実動作状態における非線形インピーダンスのリアルタイム測定システム
  ◎崎原孫周・田中 將・山田恭平・坂井尚貴・大平 孝(豊橋技科大)
BS-7-4 移動型無線電力伝送における動的インピーダンス整合システム
  ○三上恵典・尾田一生・石崎俊雄(龍谷大)
BS-7-5 マルチホップ型無線電力伝送を用いた室内全体への電力供給システム
  ◎成末義哲・橋詰 新・川原圭博・浅見 徹(東大)
BS-7-6 ワイヤレス給電用複数電源・複数負荷プラットフォーム
  ◎生田祐也・張 陽軍(龍谷大)・粟井郁雄(リューテック)
BS-7-7 WPT動作ロボット魚と生きた魚の共生
  ○伊藤竜次・澤原裕一・石崎俊雄(龍谷大)・粟井郁雄(リューテック)
BS-7-8 ラジコン操作潜水艇による海中AUV無線給電デモシステム
  ◎二神 大・石崎俊雄(龍谷大)・粟井郁雄(リューテック)
BS-7-9 セラミック共振器で無線送電を行うワイヤレスパワービーム装置
  ◎青木 優・石崎俊雄(龍谷大)
BS-7-10 C結合励振方式ワイヤレス電力伝送システム
  ◎山本輝彦(龍谷大)・石田哲也・藤井憲一(Wave Technology)・石崎俊雄(龍谷大)
BS-7-11 コイルを用いたワイヤレス電力伝送に対する氷雪影響
  ◎相澤佑太・庭田卓弥・馬場涼一・丸山珠美(函館高専)
BS-7-12 回転体へのマイクロ波無線電力伝送のデモ装置開発
  石川峻樹・黄 勇・◎松室尭之・塚本 優・西村貴希・後藤宏明・三谷友彦・篠原真毅(京大)
BS-7-13 無限回転カメラへの電力・広帯域双方向データ同時伝送とその特性
  ○小玉彰広(海洋電子工業)・唐沢好男(電通大)
BS-7-14 EV走行中給電におけるコイル間の位置ズレが効率に与える影響
  ○馬場涼一・丸山珠美(函館高専)
BS-8. 情報ネットワーク科学・通信行動工学:学生・若手研究者特集ポスターセッション
(情報ネットワーク科学時限研専、通信行動工学時限研専 共催)

3月11日 13:00〜17:40 プリズムハウス 1F P105 座長 新井田 統(KDDI研)・久保 健(KDDI研)

(13:00〜13:30 ライトニングトーク)
BS-8-1 MCMCに基づく自律分散制御における環境変動への適応法の検討
  ○横田将也・作元雄輔・会田雅樹(首都大東京)
BS-8-2 端末の移動軌跡情報を用いた避難誘導システムにおける異常軌跡検出に関する一検討
  ○大槻紘平・川原 純・笹部昌弘・笠原正治(奈良先端大)
BS-8-3 映像視聴時における「飽き」検出のための瞳孔径・視線・瞬目の特徴解析に関する検討
  ○亀田卓志・亀山 渉・菅沼 睦(早大)
BS-8-4 様々な輝度パターンを利用した対光反射補正に関する検討
  ○江川麻衣・菅沼 睦・亀山 渉(早大)
BS-8-5 映像視聴時の瞳孔径と基礎律動を用いた視聴者の反応と映像カテゴリの対応関係分析
  ○犬束美咲・菅沼 睦・亀山 渉(早大)
BS-8-6 脳情報による視覚刺激の類似度評価
  ○藤村友美・長谷川良平(産総研)
BS-8-7 遅延のバースト性を利用したプローブ送出の動的制御手法の提案
  ◎伊藤 峻・渡部康平・中川健治(長岡技科大)
BS-8-8 裾の重いキュー長分布におけるパケット廃棄率のIS推定
  ○島崎 沢・渡部康平・中川健治(長岡技科大)
BS-8-9 周期的変動を伴うネットワーク遅延の圧縮センシングを利用したアクティブ計測
  ○広川将吾・渡部康平・中川健治(長岡技科大)
BS-8-10 無線LANメディアアクセス制御方式SP-MACの通信端末数に対するスループット性能評価
  ○小畑博靖・濱本 亮・高野知佐・石田賢治(広島市立大)
BS-8-11 Twitterにおけるソーシャルネットワークの不完全性がユーザの影響力推定に与える影響の分析
  ◎木邑和馬・津川 翔・山本幹雄(筑波大)
BS-8-12 ラプラシアン行列の固有ベクトルに記述される グラフ情報の実験的考察
  ○柴田理史・作元雄輔・会田雅樹(首都大東京)
BS-8-13 イジングモデルを利用した社会ネットワークにおける口コミの大域的効果の理解と応用の検討
  ◎作元雄輔・会田雅樹(首都大東京)