電子情報通信学会総合大会講演要旨
CS-5-5
デジタル機器の電磁波と回路の連成解析
○房安浩嗣・飛永真人・松原 亮(パナソニック)
LSIの電源変動の簡易モデル化方法を確立し、その妥当性を検証するとともに、LSIや対策部品の非線形電気特性の実測結果の解析モデル化を図る。さらに、FDTD法[2]とSPICEの連成解析を用いることで、実基板モデルに対してLSIの電気特性を考慮した EMIおよびEMS解析の検討を行い、解析結果と測定結果の間で周波数傾向が一致する結果が得られたので報告する。