電子情報通信学会総合大会講演要旨
CS-4-1
ポリマー電子・光デバイスの萌芽期-現状-将来への期待
○大森 裕(阪大)
有機電子・光デバイスの特徴の一つに溶液プロセスで素子作製が可能な点が挙げられる.銀ナノインクなどにより電極形成も含めて有機発光ダイオードや有機トランジスタなどのデバイスが実現されるようになってきた.プラスチック基板を用いることにより柔らかく折り曲げることができるデバイスが実現され,またナノワイヤーなどを電極に用いたフレキシブルな電子・光デバイスが作製される.有機材料の特徴を生かして軽くて,柔らかく,環境にやさしい電子・光デバイスが実現されることが期待される.