電子情報通信学会総合大会講演要旨
CS-2-2
DC450V回路の開離時アーク継続時間に対する高分子材料壁の影響
◎小西弘純・関川純哉(静岡大)
壁の材料としてPTFE,PMMA,PP,POM,PEの5種類の高分子材料を用い,材料の違いによる開離時アークの継続時間と挙動の違いについて調べた.PTFE以外の壁材料ではアーク継続時間は壁が無い場合とほとんど変わらず,回数依存性は無い.PTFEの壁がある場合では回数によってアーク継続時間Dが異なり,再点弧が発生した際にアーク継続時間Dが長くなる.