電子情報通信学会総合大会講演要旨
CS-1-7
規則導波路系の端面による平面波散乱の数値解析
○小見山 彰(阪電通大)
等間隔に並んだ無限個のコアと単一クラッドからなる2次元規則導波路系の端面によるTE平面波の散乱を微分法を用いて数値的に取扱う.得られた結果を摂動解と比較し,摂動解の精度を明らかにする.