電子情報通信学会総合大会講演要旨
B-19-2
920 MHz帯IEEE 802.15.4gにおける搬送波周波数オフセット推定法に関する検討
◎小幡健太郎・水谷圭一・原田博司(京大)
IEEE 802.15.4g広域無線M2M (Machine to machine)システムが現在注目を集めており,現在主にスマートメーター等への導入が進められている.端末には小型化,省電力化,低価格化等が要求される為,安価で低精度な局部発振器を搭載する場合が多い.しかし通信品質を劣化させる大きな搬送波周波数オフセット(CFO)が問題となる.本稿ではこのCFOを高能率に推定・除去する手法を提案する.