第23回 鉄道技術連合シンポジウム(J-RAIL2016)プログラム

プログラム

最新版(最終版)プログラムはこちらからダウンロードお願いします。
セッション一覧はこちらです.

 

12/14(水)   9:30〜17:00 一般セッション  
  14:50〜16:30 JSCM レール・車輪接触問題  
12/15(木)   9:30~11:30 ここまで進化した首都圏の鉄道  
  (1)東京圏都市鉄道の計画手法 ー交通政策審議会198号答申を中心にー
    芝浦工業大学 岩倉成志様
  (2)複々線完成後のベストダイヤ戦略 小田急電鉄株式会社 西村潤也様
  (3)JR東日本の車両保全体系 東日本旅客鉄道株式会社 小谷徳隆様
  12:20~13:40 ショットガンセッション  
  14:00〜16:45 特許動向調査から見た運行管理システム・列車制御システムの研究開発戦略
  (1)鉄道管制システムに関する特許出願技術動向調査の概要     特許庁 白石 剛史様
  (2)運行管理・列車制技術の動向と展開に向けて 日立製作所 横須賀靖様
  (3)海外における最近のプロジェクト・標準化動向と戦略  長岡技術科学大学 平尾裕司様
  (4)先端技術の活用と実績ある技術の展開に向けて 鉄道総合技術研究所 平栗滋人様
12/16(金)   9:10~16:50 一般セッション  

 

注意事項

  • S9以外の全ての発表会場において,プロジェクタ,マイク,レーザポインタが標準で用意されています。OHPについては用意いたしません。
  • S9の会場にはプロジェクタ,マイク,レーザポインタ,ポスター台を用意します。
  • 発表のためノートPCをご持参ください。会場に用意されている接続ケーブル(D-subミニ15ピン)にPCを接続して下さい。
  • AC100Vコンセントもありますが,接続時間短縮のため,なるべくバッテリ駆動でご使用下さい。
  • プレゼンテーションの円滑な進行のため,接続表示の確認は,セッション開始前にお願いします。発表の準備に要した時間も,講演時間にカウントします。
  • 一般セッション及びJSCMセッションの1件当たりの講演時間は下記の通りです。
    一般セッション(S1〜S8)、JSCMセッション 発表15分,質疑応答5分(第1鈴10分,第2鈴15分,第3鈴20分)
  • ショットガンセッション(S9)の講演時間は下記の通りです。
    口頭発表時間1件あたり1分,ポスター発表時間60分