通信ソサイエティ

特別企画

特別記念講演

大会委員会企画

TK-1.信学会のリ・デザイン

TK-2.国際標準化とビジネス戦略

TK-3.国際セクションにおけるIoT

TK-4.ICT活用による魅力ある成熟都市(エイジングシティ)形成

ソサイエティ特別企画

BK-1.通信ソサイエティ特別講演及び表彰式

BK-2.論文の書き方講座

パネルセッション

BP-1.5G Phase1実現に向けた3GPP Rel-15標準化動向とその展望

BP-2.将来のICTの研究開発の方向性について

BP-3.IoT 時代におけるスマートスペクトラム

BP-4.5G時代のトラヒックを支えるミリ波通信技術

BP-5.新興国と連携したSociety 5.0実現に向けたチャレンジ

チュートリアルセッション

BT-1.情報指向ネットワーク技術の実装と応用事例

BT-2.AIを活用したネットワーク運用技術

依頼シンポジウム

BI-1.様々な分野における近距離レーダの現状と将来技術

BI-2.無線生体センサとヒューマンマシンインタフェース(HMI)におけるノイズ耐性とEMCの役割

BI-3.社会の課題解決に貢献する次世代情報ネットワークサービスの創出にむけて

BI-4.完了間近!!400ギガイーサの標準化動向

BI-5.データセンタシステムと光ネットワーキングのコ・デザインは有用か?

BI-6.データセンター向けに利用の期待が高まる光ファイバ技術・光配線技術

BI-7.持続的かつ強靭な将来スマート社会の実現に向けた技術展望

BI-8.知的環境が支える未来社会

 

ソサイエティ特別企画

BK-1. 通信ソサイエティ特別講演及び表彰式
一般公開:本企画の聴講は無料です.直接,会場へお越し下さい.

9月13日 14:45〜16:35 1号館 11A

特別講演及び表彰式 次第
14:45 開会 布 房夫 総務幹事
14:45 ソサイエティ会長挨拶 守倉 正博 ソサイエティ会長
14:50 ソサイエティ功労顕彰状贈呈 守倉 正博 ソサイエティ会長
15:00 ソサイエティ活動功労賞贈呈 守倉 正博 ソサイエティ会長
15:25 受賞者代表挨拶 受賞者代表

休 憩(10分)

15:40 特別講演
「科研費の舞台裏」
  講師 岡部 寿男 様
  (京都大学学術情報メディアセンター 教授
   日本学術振興会学術システム研究センター 主任研究員
16:30 次期ソサイエティ会長挨拶 漆谷 重雄 次期ソサイエティ会長
16:35 閉会 布 房夫 総務幹事
BK-2. 論文の書き方講座(セッションとしての予稿あり)
(通信ソサイエティ編集会議)
一般公開:本企画の聴講は無料です.直接,会場へお越し下さい.

9月14日 10:00〜11:45 1号館 11B   座長 高橋 徹(三菱電機)

  講演時間:指定以外50分
座長挨拶:5分
BK-2-1 論文の書き方
  塩川茂樹(神奈川工科大)

休 憩(10分)

BK-2-2 英文論文の書き方のポイント(40分)
  岡田 啓(名大)

パネルセッション

BP-1. 5G Phase1実現に向けた3GPP Rel-15標準化動向とその展望
(無線通信システム研専)
一般公開:本企画の聴講は無料です.直接,会場へお越し下さい.

9月14日 13:00〜16:50 2号館 22C   座長 福田英輔(富士通研)

  講演時間:各20分
座長挨拶:5分
BP-1-1 5G実現に向けた電波政策
  中里 学(総務省)
BP-1-2 '5G'の時代に向けた取り組み~流動する超高密度通信トラフィックへの対応技術~
  中村隆治(富士通)
BP-1-3 Standardization Status in 3GPP RAN-WG3
  Chenghock Ng(NEC)
BP-1-4 5Gの新技術の概要とエリクソン社の取り組み
  ○村井英志・藤岡雅宣(エリクソン・ジャパン)・Christian Hoymann・Stefan Parkvall・Erik Dahlman・Janne Paisa(Ericsson Research)

休 憩(10分)

BP-1-5 5G Key technology
  Tsunehiko Chiba(NOKIA)
BP-1-6 5G - Moving Towards Deployment
  庄納 崇(インテル)
BP-1-7 3GPP標準化動向とNTTドコモの取り組み
  永田 聡(NTTドコモ)

休 憩(15分)

パネル討論(60分)15時50分から開始です。講演者全員による討論となります。
BP-2. 将来のICTの研究開発の方向性について
(通信方式研専)

9月14日 13:30〜16:50 1号館 11E   座長 横谷哲也(金沢工大)

  講演時間:各15分
座長挨拶:5分
BP-2-1 Society5.0の基盤技術としてのICTへの期待
  布施田英生(総務省)
BP-2-2 社会価値創造の観点からICTの役割を再考する
  江村克己(NEC)
BP-2-3 ICTで加速する産業のデジタルトランスフォーメーション
  水落隆司(三菱電機)

休 憩(10分)  座長 中里秀則(早大)

BP-2-4 Creating new industries by sharing ICT Solutions data in collaboration with developing countries
  岩田秀行(NTT)
BP-2-5 パワード・ヒューマン、パワード・ソサイエティ時代の課題とは?
  野本真一(KDDI総合研究所)
BP-2-6 将来の柔軟な光アクセスを実現する部品化・仮想化技術
  大髙明浩(NTT)

休 憩(15分)

 座長 千村保文(OKI)

パネル討論(80分)15時30分から開始です。講演者全員による討論となります。
BP-3. IoT 時代におけるスマートスペクトラム
(スマート無線研専)
一般公開:本企画の聴講は無料です.直接,会場へお越し下さい.

9月15日 9:00〜12:00 2号館 22B    座長 田久 修(信州大)

  講演時間:各30分
座長挨拶:5分
BP-3-1 IoTとスマートスペクトラム技術
  高田潤一(東工大)
BP-3-2 日本におけるLoRaWANの最新動向
  田中雅人(エイビット)
BP-3-3 狭空間での無線通信技術利活用とその課題
  ○板谷聡子・児島史秀(NICT)
BP-3-4 QoEに基づくネットワーク資源割当
  松田崇弘(阪大)

休 憩(10分)

 座長 亀田 卓(東北大)

パネル討論(45分)11時15分から開始です。講演者全員と藤井威生(電通大)、梅林健太(東京農工大)による討論となります。
BP-4. 5G時代のトラヒックを支えるミリ波通信技術
(短距離無線通信研専、無線通信システム研専、スマート無線研専 共催)
一般公開:本企画の聴講は無料です.直接,会場へお越し下さい.

9月14日 9:00〜12:00 1号館 12F   座長 沢田浩和(NICT)

  講演時間:指定以外各14分
座長挨拶:5分
BP-4-1 5G and Beyond におけるミリ波アプリケーション
  阪口 啓(東工大)
BP-4-2 W帯を利用した固定・移動通信システムの現状及び国際標準化動向 −RoFとミリ波を用いた新しい電波システム−
  柴垣信彦(日立)
BP-4-3 製造現場における無線課題とミリ波システムの活用
  ○丸橋建一・辻 聡・中島健智・小林 宰(NEC)
BP-4-4 高SHF/EHF帯5G無線アクセス技術における伝送実験(17分)
  ○増野 淳・須山 聡・アナス ベンジャブール・奥村幸彦(NTTドコモ)

休 憩(6分)

BP-4-5 WiGig/IEEE802.11adに対応した60GHz帯マルチユーザ・ギガビットデータ伝送システム
  ○滝波浩二・漆原伴哉・小林真史・白方亨宗(パナソニック)
BP-4-6 サブアレイ間符号化インターリーブBF方式によるミリ波帯での4ユーザ多重・10Gbps通信
  ○大橋洋二・清水昌彦・志村利宏(富士通研)・本田 敦(富士通)・尾崎一幸・藤尾俊輔・李 正夷・小島 力・石川頌平・石川 光・大島武典・芦田 裕・西川健一(富士通研)
BP-4-7 ハイブリッドビームフォーミングを用いた高SHF帯5G超多素子アンテナシステム
  ○岡崎彰浩・西本 浩・中川兼治・井浦裕貴・内田 繁・平 明徳・岡村 敦(三菱電機)

休 憩(10分)

パネル討論(58分)11時02分から開始です。講演者全員による討論となります。
BP-5. 新興国と連携したSociety 5.0実現に向けたチャレンジ
(ICT分野における国際標準化と技術イノベーション時限研専、(社)情報通信技術委員会 共催)
一般公開:本企画の聴講は無料です.直接,会場へお越し下さい.

9月14日 13:00〜17:00 1号館 11B   座長 淺谷耕一(南開大)

  講演時間:各30分
座長挨拶:10分
BP-5-1 New social solutions for Society 5.0 in emerging countries based on big-data and VaaSI, Vehicle as a Social Infrastructure
  井上友二(トヨタIT開発センター)
BP-5-2 SHARE Research and New Business Opportunities
  Gregory Tangonan(Ateneo Innovation Center ADMU)
BP-5-3 REALIZATION OF SOCIETY 5.0 FOR RURAL COMMUNITIES IN SARAWAK, MALAYSIA
  Khairuddin Ab Hamid(University Malaysia of Computer Science & Engineering)
BP-5-4 A Case Study of Digital Government Transformation for Better Life
  ○Asanee Kawtrakul・Hutchatai Charnlekha・Vasutap Khunthong・Teerawat Issariyakul(Kasetsart Univ.)
BP-5-5 Developing Innovative Leaders who could solve issues with ICT in developing countries
  炭谷俊樹(神戸情報大学院大)

休 憩(20分)

 座長 稲田修一(TTC)

パネル討論(60分)16時から開始です。講演者全員による討論となります。

チュートリアルセッション

BT-1. 情報指向ネットワーク技術の実装と応用事例
(情報指向ネットワーク技術時限研専)
一般公開:本企画の聴講は無料です.直接,会場へお越し下さい.

9月12日 13:00〜16:00 2号館 22A   座長 松原大典(日立)

  講演時間:各40分
座長挨拶:10分
BT-1-1 Ceforeの実装と機能拡張
  朝枝 仁(NICT)
BT-1-2 IoTにおける国際標準oneM2Mの概要
  ◎原田 恵・前大道浩之・山崎育生(NTT)

休 憩(10分)  座長 明石 修(NTT)

BT-1-3 NFD の応用と IoT/M2M 通信への展開
  阿多信吾(阪市大)
BT-1-4 The design and implementation of Named Node Network
  ◎Xin Qi・Zheng Wen(Waseda Univ.)・Jairo Lopez(Hitachi)・Daichi Nozaki・Koki Okamoto・Toru Mochida(Waseda Univ.)・Keping Yu(GITI, Waseda Univ.)・Takuro Sato・Yingshuang Du(Waseda Univ.)
BT-2. AIを活用したネットワーク運用技術
(情報通信マネジメント研専)
一般公開:本企画の聴講は無料です.直接,会場へお越し下さい.

9月13日 13:00〜16:00 1号館 11F   座長 副島裕司(NTT)

  講演時間:各25分
BT-2-1 ネットワークオペレーション・制御技術の高度化に向けたAI/機械学習の活用について
  川原亮一(NTT)
BT-2-2 ネットワークの運用における制御フェーズの自動化に関する取組み-AI活用によるネットワーク運用の完全自動化に向けて-
  ◎黒田貴之・中野谷 学・桑原拓也・下西英之(NEC)
BT-2-3 なめらかなシステムに向けたWebサービス基盤技術とAI技術の活用 ペパボ研究所によるWebサービスのユーザ体感と技術者体感に関する研究
  松本亮介(ペパボ研究所)

休 憩(15分)

BT-2-4 AIを活用したNFV自動障害復旧に関する取組み
  ○宮澤雅典・宮本達史(KDDI総合研究所)
BT-2-5 パーソナライズ制御を実現するキャンパスネットワークの運用管理自動化に向けて
  阿多信吾(阪市大)
パネル討論(40分)15時20分から開始です。講演者全員による討論となります。

依頼シンポジウム

BI-1. 様々な分野における近距離レーダの現状と将来技術
(宇宙・航行エレクトロニクス研専)
一般公開:本企画の聴講は無料です.直接,会場へお越し下さい.

9月13日 13:00〜15:00 1号館 12D   座長 小林弘一(阪工大)

  講演時間:各25分
座長挨拶:10分
BI-1-1 多周波近距離レーダの各種産業分野への応用開発
  ○秋田 学・稲葉敬之(電通大)
BI-1-2 狭受信機帯域による超広帯域コヒーレントレーダ技術
  ○稲葉敬之・秋田 学・渡辺一宏(電通大)

休 憩(10分)  座長 小幡 康(三菱電機)

BI-1-3 ミリ波レーダ技術を用いたヘリコプタ障害物監視支援システムの研究開発
  ○二ッ森俊一・森岡和行・河村暁子・宮崎則彦・米本成人(電子航法研)
BI-1-4 リニアアレイ状アンテナとニューラルネットワーク処理による移動する対象のための連続ミリ波イメージングシステム
  ○有馬悠也・廣瀬 明(東大)
BI-2. 無線生体センサとヒューマンマシンインタフェース(HMI)におけるノイズ耐性とEMCの役割
(環境電磁工学研専)
一般公開:本企画の聴講は無料です.直接,会場へお越し下さい.

9月13日 13:00〜16:15 1号館 12E   座長 原田高志(トーキンEMCエンジニアリング)

  講演時間:各25分
座長挨拶:5分
BI-2-1 ウェアラブル生体センサの電磁干渉機構と評価結果
  王 建青(名工大)
BI-2-2 ウェアラブル機器及びWBAN の電磁両立性(EMC)に関する検討
  石上 忍(東北学院大)
BI-2-3 車載Ethernet用イミュニティ性能推定および車室内の電波伝搬解析
  ○福井伸治・森 寛之・溝口 幸・前田 登(SOKEN)・XIAO Fengchao・上 芳夫(電通大)・深川康弘(SOKEN)
BI-2-4 スマートウェアラブルデバイスの国際規格動向とEMCとの関わり
  石田武志(ノイズ研究所)

休 憩(15分)  座長 渡辺聡一(NICT)

BI-2-5 擬似生体信号発生器を用いた筋電義手に対するイミュニティ試験系の構築及びESD 試験への適用
  ○村瀬雄亮・中屋 稜・安在大祐・王 建青・藤原 修(名工大)
BI-2-6 人体通信用ウェアラブル電極の周波数特性と生体安全性
  ○越地福朗・藤田佑輔(東京工芸大)・越地耕二(東京理科大)
BI-2-7 漏洩電磁波を低減した設備・機器内センサへの無線電力情報伝送
  ○田村昌也・高野一平・古巣大吾・二村真司(豊橋技科大)
BI-3. 社会の課題解決に貢献する次世代情報ネットワークサービスの創出にむけて
(情報ネットワーク研専、モバイルネットワークとアプリケーション研専 共催)

9月13日 13:00〜16:45 1号館 13P   座長 倉沢 央(NTT)

  講演時間:各30分
座長挨拶:5分
BI-3-1 同時送信技術によるセンサネットワークの社会実装
  鈴木 誠(東大)
BI-3-2 途上国の課題解決に資する地域ネットワーク技術
  ○大和田泰伯・井上真杉・佐藤剛至(NICT)
BI-3-3 企業における「新しいものづくり」への挑戦 -「キー画像」によるコンテンツ登録・検索サービスSDK(RICOH TAMAGO Snapi)の開発事例の紹介-
  國枝孝之(リコー)

休 憩(10分)  座長 八重樫理人(香川大)

BI-3-4 デジタルビジネスに挑む〜共創で可能性を無限に〜
  柴崎辰彦(富士通)
BI-3-5 0から1をつくる 現場起点でビジネスを創造する
  黒木昭博(富士通総研)
BI-3-6 イベントを起点とした教育・地域振興の取り組み ークロスメディアイベント078を例にー
  藤井信忠(神戸大)
BI-3-7 &AND HOSTELにおけるIoT事業共創の取り組みについて
  梅本祐紀(and factory)
BI-4. 完了間近!!400ギガイーサの標準化動向
(光通信システム研専)

9月13日 9:00〜12:00 1号館 1BM   座長 平井理宇(日立)

  講演時間:指定以外各35分
BI-4-1 イーサネット規格の標準化動向 - 400ギガイーサに至るまで(15分)
  平井理宇(日立)
BI-4-2 400ギガイーサ規格 光伝送方式及び光トランシーバの動向
  平本清久(日本オクラロ)
BI-4-3 400ギガイーサ規格 光インターコネクト
  小倉一郎(PETRA)

休 憩(15分)  座長 高橋英憲(KDDI総合研究所)

BI-4-4 400ギガイーサ規格 電気伝送
  ○川津康朗・桑田 斉・石崎 洋(APRESIA Systems)
BI-4-5 OTNの標準化動向と400ギガビットイーサネット規格
  片桐 徹(富士通研)
全体質疑(10分)11時50分から開始です。
BI-5. データセンタシステムと光ネットワーキングのコ・デザインは有用か?
(フォトニックネットワーク研専)

9月14日 13:00〜17:00 1号館 11A   座長 廣田悠介(NICT)

  講演時間:各25分
座長挨拶:5分
BI-5-1 クラウドサービスやITインフラから見る世界データセンター市場動向
  市田丈人(TAK・アナリティクス・リサーチ)
BI-5-2 人工知能研究のためのクラウドの構築と運用
  ○谷村勇輔・佐藤 仁・小川宏高(産総研)
BI-5-3 JCAHPCのスパコンOakforest-PACSとスパコン技術の将来展望
  塙 敏博(東大)

休 憩(15分)  座長 森脇 摂(NTT)

BI-5-4 NTTコミュニケーションズのデータセンタ間ネットワークの現状と今後の取組み
  辻 基宏(NTTコミュニケーションズ)
BI-5-5 光トランシーバ・光伝送技術
  井出 聡(富士通コンポーネント)
BI-5-6 シリコンフォトニクスの進化
  山田浩治(産総研)

休 憩(15分)

 座長 長谷川 浩(名大)

パネル討論(55分)16時05分から開始です。講演者全員による討論となります。
BI-6. データセンター向けに利用の期待が高まる光ファイバ技術・光配線技術(セッションとしての予稿あり)
(光ファイバ応用技術研専)

9月12日 13:00〜16:05 1号館 1BN   座長 菊池拓男(職業開発大)

  講演時間:指定以外各25分
座長挨拶:5分
BI-6-1 データセンターの光通信技術
  佐伯尊子(ブロードバンドタワー)
BI-6-2 アニクスターユニバーシティー データセンターカレッジ-Anixterが考えるデータセンターのケーブルデザイン-
  秋山 直(ANIXTER International)
BI-6-3 データセンターの技術進展にともなうケーブリングインフラの展望
  安斎宏之(CommScope)
BI-6-4 高密度実装と操作性を両立する光ファイバソリューション
  新田喜代志(Panduit)

休 憩(10分)  座長 佐野知巳(住友電工)

BI-6-5 将来の高速化/大容量化トラフイックに求められる設備技術(45分)
  西野嘉勝(Equinix)
BI-6-6 DCDC/Data Center Design Consultantに求められる領域とANSI/BICSI002
  武井 塁(BICSI Japan)
BI-7. 持続的かつ強靭な将来スマート社会の実現に向けた技術展望
(インターネットアーキテクチャ研専)
一般公開:本企画の聴講は無料です.直接,会場へお越し下さい.

9月12日 13:00〜16:10 2号館 22B    座長 吉浦紀晃(埼玉大)

  講演時間:各30分
座長挨拶:1分
BI-7-1 高解像度マルチスペクトル画像による水稲の生育状況の分析
  ○飯塚新司(日立ソリューションズ東日本)・藤田義人(ジオサーフ)
BI-7-2 加速度センサを用いた道路照明柱に対する疲労損傷度評価
  ○高橋宗昭・巻幡憲俊・家入正隆(JIPテクノサイエンス)・津川拓也(NTT)
BI-7-3 街なか状況把握のためのクラウドセンシング
  ○相原健郎・朴 斌(NII)・猪村 元(北大)・高須淳宏(NII)・田中 譲(北大)

休 憩(10分)  座長 伊藤嘉浩(名工大)

BI-7-4 農業におけるG空間ビッグデータ収集・分析・活用による高度営農支援プラットフォームの構築
  ○野口 伸(北大)・澁谷幸憲(農研機構)・岡本博史・岡田啓嗣(北大)・原 圭祐(北海道立総合研究機構十勝農業試験場)
BI-7-5 スマート社会に向けた状況認識手法の検討
  ○山本哲也・宮川広子・久保田典子(NTT-AT)
BI-7-6 展望: Intelligence ExchangerとしてのFuture Internet
  加納敏行(NEC)
BI-8. 知的環境が支える未来社会
(知的環境とセンサネットワーク研専)
一般公開:本企画の聴講は無料です.直接,会場へお越し下さい.

9月13日 13:00〜17:00 2号館 22B    座長 岡田 啓(名大)

  講演時間:各45分
座長挨拶:5分
BI-8-1 知的環境が支える未来社会
  大橋正良(福岡大)
BI-8-2 環境知能-AIとIoTで創造する新たな社会-
  石川 泰(三菱電機)
BI-8-3 未来社会に向けた知的環境とコネクティビティのあり方
  花岡誠之(日立)

休 憩(10分)

BI-8-4 知的環境を支えるIoTフィールドエリアネットワーク
  松倉隆一(富士通研)
BI-8-5 NTTのデータ価値化の取り組み
  社家一平(NTT)

通信1・通信2の冊子論文集に掲載されているセッション

「通信1」・「通信2」に掲載されているうちの「通信2」の表記用
BK-2. 論文の書き方講座(セッションとしての予稿あり)
(通信ソサイエティ編集会議)
一般公開:本企画の聴講は無料です.直接,会場へお越し下さい.

9月14日 10:00〜11:45 1号館 11B   座長 高橋 徹(三菱電機)

  講演時間:指定以外50分
座長挨拶:5分
BK-2-1 論文の書き方
  塩川茂樹(神奈川工科大)

休 憩(10分)

BK-2-2 英文論文の書き方のポイント(40分)
  岡田 啓(名大)
BP-4. 5G時代のトラヒックを支えるミリ波通信技術
(短距離無線通信研専、無線通信システム研専、スマート無線研専 共催)
一般公開:本企画の聴講は無料です.直接,会場へお越し下さい.

9月14日 9:00〜12:00 1号館 12F   座長 沢田浩和(NICT)

  講演時間:指定以外各14分
座長挨拶:5分
BP-4-1 5G and Beyond におけるミリ波アプリケーション
  阪口 啓(東工大)
BP-4-2 W帯を利用した固定・移動通信システムの現状及び国際標準化動向 −RoFとミリ波を用いた新しい電波システム−
  柴垣信彦(日立)
BP-4-3 製造現場における無線課題とミリ波システムの活用
  ○丸橋建一・辻 聡・中島健智・小林 宰(NEC)
BP-4-4 高SHF/EHF帯5G無線アクセス技術における伝送実験(17分)
  ○増野 淳・須山 聡・アナス ベンジャブール・奥村幸彦(NTTドコモ)

休 憩(6分)

BP-4-5 WiGig/IEEE802.11adに対応した60GHz帯マルチユーザ・ギガビットデータ伝送システム
  ○滝波浩二・漆原伴哉・小林真史・白方亨宗(パナソニック)
BP-4-6 サブアレイ間符号化インターリーブBF方式によるミリ波帯での4ユーザ多重・10Gbps通信
  ○大橋洋二・清水昌彦・志村利宏(富士通研)・本田 敦(富士通)・尾崎一幸・藤尾俊輔・李 正夷・小島 力・石川頌平・石川 光・大島武典・芦田 裕・西川健一(富士通研)
BP-4-7 ハイブリッドビームフォーミングを用いた高SHF帯5G超多素子アンテナシステム
  ○岡崎彰浩・西本 浩・中川兼治・井浦裕貴・内田 繁・平 明徳・岡村 敦(三菱電機)

休 憩(10分)

パネル討論(58分)11時02分から開始です。講演者全員による討論となります。
BI-3. 社会の課題解決に貢献する次世代情報ネットワークサービスの創出にむけて
(情報ネットワーク研専、モバイルネットワークとアプリケーション研専 共催)

9月13日 13:00〜16:45 1号館 13P   座長 倉沢 央(NTT)

  講演時間:各30分
座長挨拶:5分
BI-3-1 同時送信技術によるセンサネットワークの社会実装
  鈴木 誠(東大)
BI-3-2 途上国の課題解決に資する地域ネットワーク技術
  ○大和田泰伯・井上真杉・佐藤剛至(NICT)
BI-3-3 企業における「新しいものづくり」への挑戦 -「キー画像」によるコンテンツ登録・検索サービスSDK(RICOH TAMAGO Snapi)の開発事例の紹介-
  國枝孝之(リコー)

休 憩(10分)  座長 八重樫理人(香川大)

BI-3-4 デジタルビジネスに挑む〜共創で可能性を無限に〜
  柴崎辰彦(富士通)
BI-3-5 0から1をつくる 現場起点でビジネスを創造する
  黒木昭博(富士通総研)
BI-3-6 イベントを起点とした教育・地域振興の取り組み ークロスメディアイベント078を例にー
  藤井信忠(神戸大)
BI-3-7 &AND HOSTELにおけるIoT事業共創の取り組みについて
  梅本祐紀(and factory)