電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
B-1-20
衛星測位における電波伝搬シミュレーションの模擬精度に関する一検討
○江森洋都・古川 玲・小松明子・吉敷由起子(構造計画研)
GNSS (Global Navigation Satellite System) による測位は都市部において建物の遮蔽・反射の影響を受けやすく,マルチパスによる測位精度の劣化が問題となっている.
筆者らは,電波伝搬解析によるGNSS 測位の模擬を行うシミュレータの研究開発を行っている. 電波伝搬解析によるGNSS測位の模擬は,移動体通信等に比べると実施例が少なく,電波伝搬モデルの確立は十分にされていない.
本稿では衛星測位における電波伝搬シミュレーションの模擬精度に関する検討として,実環境で得られたGNSS 受信機の観測情報とシミュレーションにより模擬した観測情報の比較を行い,差異を分析した.