電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
AI-3-1
MMTによる8Kスーパーハイビジョン衛星放送システムの開発
青木秀一(NHK)
2016年の試験放送,2018年の実用放送が計画されている8Kスーパーハイビジョン(8K)衛星放送では,映像・音声信号等のメディアトランスポート方式としてMMT(MPEG Media Transport)が用いられる.MMTを用いることで,放送と通信といった伝送路を区別なく用いるハイブリッド配信が可能となる.本稿では,MMTによる8K衛星放送システムの概要と,実際の放送衛星を用いて行った衛星放送実験,さらに,ハイブリッド配信の機能検証について述べる.