特別企画

 

特別企画

 プレナリーセッション
一般公開:本企画の聴講は無料です.直接,会場へお越し下さい.

3月22日 9:00〜11:50 1号館 2F 丹羽ホール

オープニングセッション(9:00〜9:20)
  境界を越えて
篠原弘道 電子情報通信学会会長
学術奨励賞授賞式・教育功労賞授賞式・フェロー称号贈呈式(9:25〜10:15)
基調講演(10:20〜11:50)
  データ主導社会の実現に向けて
  谷脇康彦 総務省政策統括官(情報セキュリティ担当)
世界は「使われなかった人生」であふれてる
  前田英作 東京電機大学 システムデザイン工学部 教授
 特別記念講演
一般公開:本企画の聴講は無料です.直接,会場へお越し下さい.

3月22日 15:00〜16:30 1号館 2F 丹羽ホール

  AI 技術の最前線と今後―囲碁 AI を例に―
     加藤英樹 DeepZenGoプロジェクト代表
 Welcome Party
(基礎・境界、NOLTA、通信、エレクトロニクス、情報・システムソサイエティ 合同開催)
一般公開:本企画の聴講は無料です.直接,会場へお越し下さい.

3月20日 17:00 ~ 19:15 3号館学生食堂 1階,中2階,2階

学生員や若手会員の方々が諸先輩方と自由にコミュニケーションできる場の提供を目的として、全ソサイエティ合同で「Welcome Party」を開催します。ソサイエティや研究専門委員会、企業や公的機関の活動紹介のパネル展示も行います。お気軽にご参加ください。
なお、「Welcome Party」は「TK-9. 産学連携フォーラム -学生向けキャリア相談会-」(2号館1階ロビー)・「TK-6. 企業・学生を連携するパネルセッション」(2号館7F 2701教室)に引き続き開催されます。一連のイベントに参加いただくことでキャリア相談から研究開発の様子まで幅広く知っていただけるプログラムになっておりますので、是非ご活用ください。

 大会委員会企画

TK-1. センサとAIの協調が拓くスマート社会
(基礎・境界、NOLTA、通信、エレクトロニクス、情報・システムソサイエティ 共催)
一般公開:本企画の聴講は無料です.

3月22日 13:10〜17:00 2号館 7F 2702教室   

  講演時間:各30分
開会挨拶:5分

  座長 荒川太郎(横浜国大)

TK-1-1 ゴミ収集車を用いたスマートシティモニタリング
  白井良成(NTT)
TK-1-2 機械学習を用いた下水道氾濫の兆候検出
  ◎樋田祐輔・千葉 洋(富士通研)・朝岡良浩・長林久夫(日大)
TK-1-3 センサ・AIを利用した遠隔圃場制御(原稿なし)
  島村 博(イーラボ・エクスペリエンス)
TK-1-4 大規模農業で期待されるセンサ技術の研究紹介
  ○佐藤禎稔・藤本 与(帯広畜産大)

休 憩(15分)  座長 植之原裕行(東工大)

TK-1-5 イメージセンサの最新技術
  川人祥二(静岡大)
TK-1-6 深層学習を活用した画像認識
  山下隆義(中部大)

  座長 池口 徹(東京理科大)

TK-1-7 Edge AI ハードウェアに向けて
  堀尾喜彦(東北大)
TK-2. まるごとIoT
(通信方式研専)
一般公開:本企画の聴講は無料です.

3月21日 13:15〜16:35 2号館 8F 2803教室   座長 横谷哲也(金沢工大)

  講演時間:指定以外各15分
TK-2-1 建設生産プロセス改善のためのIoTオープンプラットフォームLANDLOGの取り組みについて(20分)
  井川甲作(ランドログ)
TK-2-2 Vehicle Communication Applications during Big Disaster
  Chang-Yi Luo(TOYOTA InfoTechnology Center)
TK-2-3 スマートなインフラ維持管理に向けたICT基盤の確立
  ○石川裕治・近藤 孟(NTTデータ)
TK-2-4 カメラシステムを中心とした中小企業のIoT
  ○小林靖典・小林靖弘(小林製作所)

休 憩(15分)  座長 中里秀則(早大)

TK-2-5 IoT向け通信プロトコルとしてのNDN
  津田俊隆(早大)
TK-2-6 IoT時代のセキュリティR&D
  長島雅夫(NTT)
TK-2-7 IoT関連国際標準化の現状と活用について
  櫻井義人(国際さくらコンサルティング)

休 憩(5分)

 座長 横谷哲也(金沢工大)

パネル討論(60分)15時35分から開始です。講演者全員による討論となります。
TK-3. 高齢化社会におけるICT技術の利活用
(規格調査会、ICT分野における国際標準化と技術イノベーション特別研専 共催)
一般公開:本企画の聴講は無料です.

3月21日 13:15〜16:15 2号館 5F 2503教室   座長 淺谷耕一(南開大)

  講演時間:各30分
座長挨拶:10分
TK-3-1 医療・介護・健康分野におけるICT利活用に関する日本の取組
  田中一也(総務省)
TK-3-2 AALのAV&ITマルチメディア分野における標準化動向
  由雄淳一(パイオニア)

休 憩(10分)

TK-3-3 軽労化技術で創り出す軽労化社会
  田中孝之(北大)
TK-3-4 高齢者対応e-healthおよびAALの技術動向および標準化動向
  田中宏和(広島市立大)
パネル討論(40分)15時35分から開始です。講演者全員による討論となります。
TK-4. 教育改革の動向と学会の役割〜高大接続の推進に向けて〜
(オープンコール)
一般公開:本企画の聴講は無料です.

3月21日 13:00〜17:00 1号館 2F  1224セミナー室   座長 阪井和男(明大)

  セッション資料
TK-4-1 教育理念と学会の役割
  小粥幹夫(日経大)
TK-4-2 会員のできる事

休 憩(10分)  座長 鈴木雅実(KDDI総合研究所)

TK-4-3 学び支援の実践
パネリスト:國藤 進(JAIST)、米田巖根(慶大)、大塚作一(鹿児島大)、小林雅一(KDDI総合研究所)

休 憩(10分)

TK-4-4 今後の活動「第 3 種研究会について」
TK-5. 情報セキュリティ人材育成(セッションとしての予稿あり)
(実行委員会)
一般公開:本企画の聴講は無料です.

3月23日 13:00〜16:10 2号館 6F 2604教室   座長 砂原秀樹(慶大)

  講演時間:各18分
TK-5-1 成長分野を支える情報技術人材の育成拠点の形成
  井上克郎(阪大)
TK-5-2 Basic SecCap: 学部でのセキュリティ教育の展開
  曽根秀昭(東北大)
TK-5-3 enPiT Pro Security: さまざまな分野で活躍する社会人へのセキュリティ教育プログラム
  大塚 玲(情セ大)
TK-5-4 CySec: 国際化サイバーセキュリティ学特別コース
  佐々木良一(東京電機大)
TK-5-5 CYDER: 実践的サイバー防御演習
  園田道夫(NICTナショナルサイバートレーニングセンター)

休 憩(10分)

パネルセッション(90分)14時40分から開始です。
TK-6. 企業・学生を連携するパネルセッション(予稿なし)
(実行委員会)
一般公開:本企画の聴講は無料です.

3月20日 13:00〜16:00 2号館 7F 2701教室   座長 宮保憲治(東京電機大)

  本パネルセッションでは、日頃から、学生が企業には相談し辛いが,実際には知っておきたい情報や,企業側が事前に学生と共有を図りたい情報等をテーマに選定し、フランクな雰囲気でのパネル討論を行う予定です。
具体的には、
①企業が期待する学生の資質と技術力
②社員研修とOJTを通じた育成計画の実例
③企業での人事評価とキャリアパス
④学生時代に培うべき技術力とコミュニケーション能力
⑤企業への貢献と個人の成長(技術力増強)との相関
⑥企業での評価と社会貢献
⑦海外企業との共同開発の実例と英語能力
⑧企業間の開発競争と標準化・国際競争の実例
などのテーマについてパネル討論を行い,産業界と大学研究の位置付けに関わる相互理解を深めることを目指しています。パネリストからの専門技術に関わる紹介等に加え,技術開発職のキャリアについても触れることで、学生にとって将来のキャリアパスを考える絶好の機会を提供できます。
 各ソサイエティ選出のパネリストは企業とソサイエティ側の立場で講演を行い,その後、参加者全員参加でのパネル討論により、学生との間での意見交換を企画しています。
パネリスト:伊豆哲也(富士通研)・須藤 薫(村田製作所)・
      井上真雄(ルネサス エレクトロニクス)・木村淳一(日立)・笠間貴弘(NICT)・
      佐野裕康(三菱電機)
TK-7. 小中高生・市民のための科学実験(予稿なし)
(実行委員会)
一般公開:本企画の聴講は無料です.

3月21日 10:00〜16:00  

  小中学生や高校生向けに、科学的視野を深める上で有効な実験テーマとして、電子情報通信学会等の支援を受けて過去に実施した実験やオープンキャンパスで評判の高い実験を行います。実験テーマとして、3種類を準備し、①光の加算合成実験キットの製作、②永久ゴマ実験キットの製作、③超小型コンピュータの簡単プログラミング実験を行います。①では、小学生向けに光の加算合成実験キットを製作します。RGBの単色LEDを3つとスイッチ3つ、電線、電池ボックスなどをブレッドボードに配置・接続する工作を行い、スイッチの押し方で七色の光を自由に発光できる実験を行います。②では、中高生向けに、永久ゴマ実験キットの製作を行います。参加者は光りながら回り続ける不思議なコマについて電子回路製作を体験できます。③は中高生向けで、超小型コンピュータの簡単プログラミング実験を行います。参加者はプログラムの初歩とリアルなマシンを制御する楽しさを、プログラミングを通じて体験できます。Raspberry Piと簡単プログラム言語のScratchを使い、参加者にタンクを自動運転させ、サーキット内のゴールを目指したプログミングを体験できます。
TK-8. ものづくりセッション・ものづくりツアー - 超スマート社会に貢献するAdditive Manufacturing (3Dプリンティング) - (予稿なし)
(実行委員会)
一般公開:本企画の聴講は無料です.

3月21日 13:00〜16:30 5号館 6F 5615教室  

  情報化が高度に進んだ超スマート社会では、3Dプリンターを主体とするAM(アディティブマニュファクチャリング)技術が、高付加価値製品のものづくりに重要な役割を果たすと期待されています。高精度かつ高機能な金型、航空機のジェットエンジンや機体の部品製造、眼球や血管などの人工臓器の創出、複雑な超微細形状物体の造形等々が、金属やセラミックス、さらには生体に近い特性を有するゲル等の種々の材料を用いて、AM技術により実現されます。本セッションでは、普段見たり聞いたりすることができない、種々の材料を用いた最先端のAM技術について、各分野の第一人者の方々にご講演いただきます。また、東京電機大学ものづくりセンター千住の見学会を行い、その中で金型加工のための金属3Dプリンターも紹介します。会員でない方も無料で本セッションの講演会と見学会に参加できます。是非ご参加ください。
TK-8-1 Additive Manufacturingがもたらす新しいものづくり
  新野俊樹(東大)
TK-8-2 超微細Additive Manufacturingによる高付加価値製品の創出
  丸尾昭二(横浜国大)
TK-8-3 デザイナゲル(ゲルによる生体材料のAdditive Manufacturing)の新ものづくり・ことづくり
  古川英光(山形大)
TK-8-4 セラミックAdditive Manufacturingの最先端技術とその応用
  近藤直樹(産総研)
TK-8-5 金属Additive Manufacturingをベースとしたこれからの金型技術
  佐野定男(ソディック)
  ものづくりセンター見学ツアー
I. ソディックスペース(金属3Dプリンタ、ワイヤ放電加工機)の紹介
II. 先端加工スペース他、1階の設備紹介
III. ものづくりセンターの概要と2階の設備紹介
TK-9. 産学連携フォーラム -学生向けキャリア相談会-(予稿なし)
(プログラム委員会)
一般公開:本企画の参加は無料です.

3月20日 12:00〜17:00 2号館 1F

学士・修士・博士(プレ・ポストを含む)課程人材と求人側の忌憚ない交流の場を提供するため、「キャリア相談会」を開催致します。これらの採用に深い理解のある企業・機関の人材採用担当者および研究・開発部門の担当者と直接コンタクトが可能です。今後の進路について考えたい方は、是非ともお気軽にご参加ください!
  【出展企業(確定・五十音順)】
アンリツ(株)/(株)東芝/パナソニック(株)
日本電気(株)[NEC] 中央研究所/日本電信電話(株)[NTT]
日本電波工業(株)/(株)日立国際電気/(株)フジクラ
富士通コンポーネント(株)/(株)村田製作所/リオン(株)