電子情報通信学会総合大会講演要旨
A-15-9
動画像暗号化のためのキューボイド入替によるキューブ入替の強化
◎淸水恒輔・鈴木大三・亀山啓輔(筑波大)
筆者らは,既存の動画像の知覚暗号化(フォーマット準拠の暗号化)・符号化フレームワークに重視されるリアルタイム性がゆえの,フレームごとの不正な解読(平文化)に対する脆弱性を撤廃する新たなキューブベース暗号化を提案した.この従来法では,動画像のフレームを束ねて暗号化することで,鍵のない攻撃者が動画像フレームを不正に平文化することを防ぐ.
本研究では,この従来法の頑健性をさらに強化するため,キューブ入替の奥行・垂直・水平方向の辺幅を可変にするキューボイド入替を提案する.知覚暗号化・符号化は近年のSNSなどにしばしば用いられ,本研究における知覚暗号化はそれらに対して有用である.